石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログです。

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

口臭についての取材

地元の新聞社「北國新聞社」より口臭についての取材を受け、掲載されました。

これまでも様々な形で、メディアの方からお声がかかり、取材をお受けしております。
一人でも多くの口臭で悩んでおられる方の手助けとなれるよう、日々、これからも頑張ります[sign01]。

22595f_af102255032f447abc18a07e75680daf~mv2.jpg



石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

腸内細菌が注目されている理由

腸内細菌の種類


腸内細菌には大きく分けて3つに分類されます。みなさんもよく耳にすることがある「善玉菌」と「悪玉菌」、そして善玉と悪玉のどちらにでも状況に応じて変身する「日和見菌」の3つに分けられます。


全体の構成比率


善玉菌 悪玉菌.jpg
 
この3つの菌をそれぞれを見ていくと次の表のようになります。

腸内細菌内訳.png


年齢とともに変化


腸内細菌は次のグラフのように年齢とともに菌の構成が変化していきます。

腸内フローラ.jpg


最近、腸内環境が 体の免疫や代謝に関与していることがわかってきており、できるだけ良好な腸内細菌叢にしておくことが、健康への近道といえます。
では、良好な腸内環境を育てる機能性食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

プロバイオティクス.jpg
プレバイオティクス.jpg
バイオジェニックス.jpg

以上の3つに大別されます。
プレバイオティクスは「腸内フローラの改善+疾病への間接的作用」を有し、
バイオジェニックスは「腸内フローラの改善+疾病への直接的作用」があります。
 
「腸」は「第2の脳」といわれるほど重要な働きがあるので、日常生活今まで以上に腸をいたわってあげましょう。



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯周病の怖さ

こんにちは。院長の白根です。「Dr.シロネの健康ブログ」(第3回目)です。
歯周病と関節リウマチとの関連性など、様々な全身疾患が歯周病と関連していることが医学的に解明されてきています。
そこで、歯周病と全身疾患との関連性についてお伝えしていきたいと思います。

歯周病菌が全身をまわる


まず、歯周病というのは「歯周炎」、「歯槽膿漏」などいろいろな言い方があります。言葉は聞いたことはあるけど・・・、とおっしゃる患者様がほとんどです。
「健康な歯ぐき」から一部分に炎症が起こり「歯肉炎」という状態になり、それを放置すると歯肉の見えない深いところまで汚れや細菌が侵入し、「歯周病(歯周炎)」を発症していくことになります。どの段階で食い止められるかがキーポイントで、早い段階で炎症を取り除ければ全身に菌が回るということはありません。しかしながら、慢性的に炎症が続くと、歯肉のみならず、菌が血管内に侵入し、全身に回り、様々な全身疾患を発症します。

歯肉炎・歯周病.png
 
このことは、とても怖いことで、菌は所構わず全身をめぐり、住み着きます。口の中だけの問題ではなくなってしまうのです。
原因が定かではない病気や、いつの間にか病気になっていた、という人は要注意です。もしかしたら歯周病が原因かもしれません。
 
歯周病と全身疾患.png

 
上の図のように歯周病菌が関連している病気が徐々に解明されてきているので今後、このブログでみなさんに病気別にお伝えし、予防法についてもお伝えしていこうと思います。
 
(写真、図は鶴見大学歯学部 齋藤一郎教授 提供)



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

ビタミンBと全身および口腔との関係

こんにちは。Dr.シロネの健康ブログ「第二回」は「ビタミンBと全身および口腔の関係」についてです。
ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。[book]


ビタミンBはエネルギー産生の最も大切な栄養素


ビタミンBのはたらきとして

・脳の発育、神経機能
・成長ホルモンの生合成
・ヘモグロビン合成
・脂質、糖質の分解
・皮膚や粘膜の維持
など、多岐にわたっています。

ビタミンBが不足すると、全身的には

・疲れやすい
・寝ても疲れが取れない
・集中力が続かない
・イライラする、キレやすい
・風邪をひきやすい

口腔内では

・口内炎ができやすい
・口角炎ができやすい
・舌炎になりやすい
・唾液が少ない

などの症状が出てきます。


ビタミンBには色々なビタミンBがあります


ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12があり、
それぞれに働きがあります。

まとめて「ビタミンB群」といわれ、一つ一つが単独で働くのではなく、ビタミンB群はお互いに助け合いながら働いています。
ナイアシンやビタミンB12は葉酸の代謝に必要であり、ビタミンB2はビタミンB6の活性化に必須です。

日常、食べたものをエネルギーに変えるためにはビタミンB群が必須で、不足すると十分なエネルギーが産生されず、先に述べた症状が発症してきます。
ここで、ひとつの研究を紹介します。

22595f_97e1f36f054242869a8cd06fc92cede0~mv2.png


Dr.シロネの恩師である、新潟大学大学院の宮崎秀夫教授らの厚生労働科学研究によれば、新潟市内の昭和2年生まれの方の栄養調査で、この調査は年齢が全員同じであることが特徴。研究結果は20本以上歯を保有している人と19本以下の人では、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、パントテン酸、ビタミンDの摂取量が有意に異なっていることがわかった。

この研究結果より、自分の歯がしっかり残っている方が、体内へのビタミンB群摂取に役立っていることがわかります。加齢とともに栄養不足になっていく傾向がある中で、いかに歯があることが重要かが分かる研究のひとつです。「アンチエイジング(抗加齢)は歯から」をモットーとしている当院として、皆様の口腔内をお守りしていきます。


ビタミンB群が不足する原因


・現代の食生活が加工食品、精製食品、保存料含有食品にあふれているため、ビタミンB群含有量が圧倒的に低下していること。
・糖質の過剰摂取、飲酒でビタミンB群消費量が増大する。
・ストレスにより消化吸収能力が低下する。
・腸内細菌叢のバランスが乱れるとビタミンB群の合成が低下する。
・薬物(経口避妊薬(ピル)、制酸剤、口内炎治療薬のステロイドなど)はビタミンB群の吸収、作用を阻害する。
などがあげられます。
 

体のビタミンB群の量を知るには


血液検査をして、GOT、GPT、γ-GTP、LDH、MCV、ChEなどの項目をチェックするとわかります。
詳しくは当院附属の口腔アンチエイジングセンターにて検査を行っていますので、お気軽にご相談ください。
 
「ビタミンBと全身および口腔との関係」いかがでしたか。

体とビタミンB群が密接に関わっていることがお分かりになったかと思います。体の不調は分子レベルで栄養を考える分子栄養療法(オーソモレキュラー療法)が有効かもしれません。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

分子栄養療法(オーソモレキュラー療法)とは?




石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

ホームページリニューアルのお知らせ

リニューアル後ウェブサイト


この度、白根歯科クリニックのホームページをリニューアルいたしました。[shine]

今回のリニューアルでは、より見やすく、使いやすく、親しみやすいホームページを目指して、
デザインやメニュー構成を見直し、新コンテンツも追加しました。

リニューアルにともない、公式ホームページのURLが下記に変更となりました。

白根歯科クリニック公式ホームページURL
http://care4618.com/

ブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」などに登録されている場合は、
新しいURLへの変更をお願いいたします。

今後も、より多くの皆さまに、お役にたてるサイト運営を目指し、
歯やカラダに関する有益な情報提供を行ってまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


白根歯科クリニック
スタッフ一同



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

第1回 「ピロリ菌と口の中の関係」

顕微鏡


こんにちは。[happy01]

「Dr.シロネの健康ブログ」。
このブログを通じて皆様の健康のお役にたてればと企画しました。

歯科から発信する全身の健康。
意外と知らない口の中と全身との関係性について皆様の日常生活を送っていく上での豆知識として記憶に残していただくと幸いです。

では、さっそく第1回目は「ピロリ菌と口の中の関係」についてです。


第1回「ピロリ菌と口の中の関係」


皆様または周囲で「この前、胃のピロリ菌を除去したよ」という会話をお聞きになった人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。


ピロリ菌って?


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)とは胃粘膜に生息する3~5㎛程度の細菌で菌体に数本の鞭毛がついた構造をしています。慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の原因となるだけでなく、近年は胃がんの原因となることもわかってきています。


歯科領域におけるピロリ菌の影響


歯科領域におけるピロリ菌の影響としては、ピロリ菌による胃粘膜の萎縮により様々な栄養の吸収障害が起こり、低血糖状態となり、就寝中に歯ぎしりをするようになったり、歯肉に低栄養から来る炎症(歯周病)を発症したり、ピロリ菌による口臭を引き起こすリスクが高くなります。

もう一つ、実は、口の中にもピロリ菌が潜んでいることをご存知でしょうか。

近年、世界中の研究論文で「歯ぐきの中の汚れや唾液中からもヘリコバクターピロリ菌が検出・分離される」、「胃のピロリ菌除菌後の口の中を調べた結果、口の中のピロリ菌検出率は60%であった(30人中16人の口の中で検出)」といった結果が数多く発表されています。

口の中のピロリ菌は口の中のカンジダ菌の細胞内に入り込み、従来の抗生物質の薬の投与では全く無効で、胃のピロリ菌除菌後の再感染の主な原因と予想されます。

「この前、ピロリ菌の除菌したけど、まだピロリ菌が残っていると言われた」という人いませんか?
なにも消化器内科の先生の腕が悪いわけではなく、胃以外の口の中にも生息しているので、除菌後にピロリ菌感染が再発する理由は口の中に潜むピロリ菌にある可能性が高いと言えるのです。


消化器内科でピロリ菌の除菌をする前に


良い方法としてご提案させていただくと、まず、消化器内科でピロリ菌がいる診断がされた時点で、除菌の前に、歯科で歯表面の歯石の除去と見えない歯ぐきの中の歯石(縁下歯石)を除去し、舌表面の清掃を徹底的に行ってから、消化器内科で胃のピロリ菌の除菌をすると効果がしっかりと出ます。これから除菌を行う予定の方、効果が出なかった方はぜひおすすめします。



第1回「Dr.シロネの健康ブログ」いかがでしたか。
これからも、歯科から発信する全身の健康情報をお伝えしていきたいと思っていますので
ご愛読のほど、よろしくお願いします!



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close