石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログです。

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

顎関節症の原因は?受診は何科?顎関節症の原因と治療について

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

顎関節症は、顎の痛みや口を開けた時に「カクン」という音がする症状のことです。

最近では若い年代に急増していると言われており、悪化すると食事など生活に支障をきたすことがあります。

もしかしたら、顎関節症を自覚している方の中には、「何科を受診すれば良いのか分からない」などの悩みをお持ちのかたもいるかも知れません。

今回は、顎関節症の原因と受診する時は何科なのか、などの疑問を解決していきます!

1.顎関節症とは?



顎関節症とは、口が開きにくい、口を開けた時に「カクン」という音がするなどの症状が見られる病気の一つです。

上下の歯の噛み合わせの異常などが原因で引き起こされることもあります。

普段の日常生活の中で行なっている癖などが原因となる場合も見られます。

2.顎関節症の原因


4月18日納品⑥.png


顎関節症の原因としては、様々な要因が考えられます。

緊張などの過度なストレス
歯ぎしり
スポーツなどで歯を食いしばったりする
唇や頬の内側を噛む癖がある
頬杖やうつ伏せで寝る癖がある
顔面打撲や外傷
噛み合わせの異常
硬いものを噛んだり、口を大きく開けた

緊張など過度なストレスにより、顎の筋肉が緊張をしてしまうことにより痛みを生じることがあります。

歯切りも顎の関節に大きな負担をかけてしまうため、寝ている間に歯切りの癖がある方などは要注意です。

顎関節症の原因としては、上記以外にも、生まれつき関節に問題があるなどの原因もあります。

3.顎関節症の治療方法



顎関節症の治療方法としては、噛み合わせを治すことが重要になります。

噛み合わせが均一になるようにマウスピースなどを用いて治療を行います。

また、入れ歯やクラウンと呼ばれる被せ物をすることで、噛み合わせの治療を行うことがあります。

4.顎関節症を悪化させないためのポイント



頬杖やうつ伏せ、猫背の姿勢など、日常生活の中で悪化させてしまうことがあります。

姿勢に関しては、仰向けで寝ることを心がけ、低めの枕を使用して筋肉に負担をかけないようにすることが大切です。

また、どちらか片方だけで噛む癖があるなどの場合は、両方で噛むように意識しましょう。

食事の際に顎やこめかみが痛くなる場合は、柔らかいパンやパスタなど噛まなくても良い食事をとるようにすることがオススメです。

<まとめ>顎関節症の受診は歯科・口腔外科へ


顎関節症の治療は、一般的には歯科口腔外科で行います。

顎関節症の症状でお悩みの場合は、歯科・口腔外科を受診しましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

お知らせ

4月18日(木)の午後の診療は、院内勉強会のため、休診となります。
午前の診療は平常通り、診療しております。
ご了承ください。
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

口を開けると音がする!?顎関節症とは?

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、口を開けた時に音がしたり、こめかみが痛くなる症状のことです。

最近では、若い世代に急増していると言われており、特に20〜30代の若い女性に多く見られます。

軽症であれば自然に治ることもありますが、自覚していない方も多くいらっしゃいます。

今回は、顎関節症について詳しく解説します。

1.顎関節症とは?



顎関節症とは、漢字の通り、顎の関節に炎症が起きている状態です。

あくびをすると口の中から「カクッ」という音が聞こえたり、口を開けた際にこめかみの部分に痛みを感じることがあります。

顎関節症は普段の生活習慣などが引き起こしていることもあり、知らない間に症状が出ていたという人も少なくありません。

軽症であれば自然に治ることもありますが、重症化した場合は、肩こりや痛みが続くなどの症状も見られます。

2.顎関節症の症状



4月16日納品⑤.png

顎関節症の症状としては、次のようなものがあります。

•顎関節やその周辺に痛みを感じる
•食べ物を噛む時に異常や違和感がある
•口を開けたり閉じたりすると「カックン」「コッキン」などの音がする
•口が開けにくくなったり、口の開閉がスムーズにできない
•口が左右に動かない、開けない
•口が大きく開けられない
•急に噛み合わせが変化した

上記のような症状に当てはまる方は、顎関節症の可能性があります。

顎関節症には上記の症状以外にも、身体の様々な部位に症状が現れることもあるのです。

3.顎関節症が原因で見られる副症状



顎関節症が原因で見られる副症状としては、次のような症状があります。

•頭痛、首や肩の痛み
•めまい、耳鳴り、難聴
•目の疲れ、充血、涙
•鼻づまり
•噛み合わせが上手くできない
•歯や舌の痛み

全てが顎関節症が原因による症状とは言い切れませんが、上記のような症状に悩まされている場合は、受診されることをオススメします。

4.生活習慣の中に顎関節症のリスクが潜んでいる!?


顎関節症は生活習慣の中でも引き起こされることがあります。

•歯ぎしりをする癖がある
•歯を食いしばる傾向がある
•うつ伏せで寝る癖がある
•歯並びや噛み合わせが良くない
•一日中ガムを噛んでいる
•左右のどちらかでしか噛んでいない

このような習慣が原因で顎関節症に鳴ることも考えられるため、症状を自覚している方は悪化させないように注意が必要です。

4-1.アゴの痛みは顎関節症以外で起こることもある



アゴの痛みは顎関節症以外の病気でも引き起こされることがあります。

例えば、親知らずの炎症や歯周病なども、アゴの痛みの原因となるため、痛みがある場合は放置せず、受診することが大切です。

<まとめ>症状が気になったら歯科医に相談しよう


顎関節症は若い人に急増している病気の一つであり、自覚がない方も少なくありません。

症状が悪化すると食事や日常生活に支障をきたすため、症状が気になったら歯科医に相談しましょう。



金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

ラミネートベニアってどんな治療?メリット・デメリットを解説

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削ってセラミック製の板を貼り付ける治療のことです。

歯の表面を少し削るだけで治療ができるので、歯への負担が少ないことが特徴です。

手軽に歯の形や色を整えることができるラミネートベニアですが、メリット・デメリットがあります。

今回は、ラミネートベニアの治療やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

1.ラミネートベニアとは?



ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、削った場所にセラミック製の薄い板を貼り付ける施術のことを指します。

セラミッククラウンを被せるより歯を削る必要がないため、歯の負担を軽くすることが可能です。

歯の表面にだけ被せるため、付け爪のようなイメージを持ってもらえると分かりやすいでしょう。

2.ラミネート治療の流れ



4月11日納品④.png

ラミネート治療の流れとしては、次の通りです。

①歯の表面を0.5mm〜0.8mmほどの薄さで削る。

②削った部分を貼り付けるためのパーツをセラミックで作る。

③削った歯の表面に接着剤で貼り付ける。

歯に貼り付けるパーツは、歯型を取りオーダメイドで仕上げます。

色などは相談しながら選ぶことができるので、自分の希望に合わせたものにすることができます。

3.ラミネートベニアが適しているケース



ラミネートベニアが適しているケースとしては、次のようなものがあります。

歯の変色が強い

歯の変色が強く、ホワイトニングなどでは白くできない場合などに用いられます。

主に上あごの前歯に使われることが多いです。

前歯の隙間を狭くしたい

前歯の間隔が広くすきっ歯のような状態になっている場合にも、ラミネートベニアを用いることで見た目を改善することが可能です。

4.ラミネートベニアのメリット・デメリット


ラミネートベニアは、歯への負担が少なく比較的手軽に治療ができる方法ですが、保険が適用にならないなどのデメリットもあります。

ここでは、ラミネートベニアのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

ラミネートベニアのメリットとしては、次の通りです。

・短期間で治療が完了する
・歯並びや歯の形が修正できる
・歯を削る範囲が少しで済む

ラミネートベニアが普及する前は、歯の全体を削りクラウンと呼ばれる被せ物をする治療が一般的でした。

しかし、ラミネートベニアでは、歯の表面を薄く削るだけで治療が完了するため、治療時間も短く、歯そのものへの影響を心配する必要がありません。

色だけでなく、歯並びや歯の形も修正ができることが特徴です。

デメリット

ラミネートベニアのデメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

・歯の状態によっては使えない場合がある
・強度が求められる歯には使えない
・力が加わると剥がれたり割れてしまうことがある

技術の進歩により日常生活では剥がれたり割れたりすることは少なくなっています。

しかし、歯に負荷がかかった場合などは、剥がれたり割れてしまうこともあります。

また、歯の状態によっては適用とはならない場合もあります。

<まとめ>歯の治療は歯科医院で相談しましょう


ラミネートベニアは歯への負担が少ない治療法の一つです。

歯の状態などによって適切な治療法は異なるため、歯科医院で相談しましょう。





金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?歯のクリーニングについて解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯のクリーニングとは、歯科医院で行う治療の一つです。

歯の歯垢や歯石、着色を除去することが目的であり、歯の白さを重要視したホワイトニングとは目的が異なります。

日頃の歯磨きだけでは歯垢などが落としきれないこともあるため、歯の健康を保つためには定期的なクリーニングを受けることが大切です。

今回は、ホワイトニングやクリーニングの違いについて詳しく解説します。

1.歯のクリーニングとは?


歯のクリーニングとは、歯石や歯垢(プラーク)、着色を除去するケアのことです。

歯石は歯垢が石灰化して変化したものですが、歯石になってしまうと歯ブラシのブラッシングだけでは除去できなくなってしまいます。

歯石をそのままにしておくと、虫歯菌などが増殖してしまう原因になるため、口内環境が悪化する原因になります。

日頃の歯ブラシによるケアだけで除去しきれなかったプラークなどを除去するためには、クリーニングが効果的です。


2.クリーニングとホワイトニングの違い



4月9日納品③.png

クリーニングとホワイトニングは同じようなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

クリーニングの目的は、あくまで歯垢や歯石などを除去することです。

ホワイトニングの目的は、歯を白くすることに重点を置いています。

クリーニングでは歯を白くするというよりは、着色などを除去することで歯が持つ本来の白さを取り戻すことが目的となります。

また、ホワイトニングは保険適用外となる治療も多く、費用の面でも違いがあります。

3.歯のクリーニングを行うメリット




歯のクリーニングを行うメリットとしては、次のようなものがあります。

•歯の本来の白さと美しさを取り戻せる
•自分で取れなかった歯石を除去できる
•口臭予防にも繋がる
•虫歯や歯周病予防に効果的

歯のクリーニングを行うことで、自分では除去しきれない歯石を取ることができます。

歯石を除去することで虫歯や歯周病を予防することにも繋がるため、口腔内の健康にも繋がります。

また、ホワイトニングのように真っ白にすることは期待できませんが、歯の本来の白さを取り戻すことも可能です。

4.歯のクリーニングがオススメの人



歯のクリーニングがオススメの人としては、次のような方です。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと磨き残しなどが多くなりがちになってしまうため、定期的にクリーニングを受けることがオススメです。

歯石を除去することで、歯周病や虫歯を予防でき、口臭対策にも効果的。

喫煙習慣がある

喫煙習慣がある方は、タバコのヤニなどが歯に付着しやすいです。

歯の黄ばみの原因となるため、クリーニングで歯の白さを取り戻すことができます。

色素がつきやすい飲食物を摂取している方

ワインやコーヒーなどを摂取する習慣がある方も、クリーニングがオススメです。

飲食物による色素は長い時間をかけて歯に沈着してしまいます。

歯の黄ばみや着色汚れの原因となるため、定期的にクリーニングを受けましょう。

<まとめ>定期的なクリーニングで健康な歯を維持しましょう



毎日入念にケアをしていても、歯磨きだけでは除去しきれない汚れなどもあります。

歯の健康を維持するためには、歯科医院で定期的なクリーニングを受けることがオススメです。





金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯医者で行うホワイトニング治療の種類について解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯を白くするホワイトニングですが、ホワイトニング治療と言っても様々な種類があります。

最近では、自宅でできる「ホームホワイトニング」なども人気が高まっています。

しかし、いくらホワイトニングをしてもセルフケアだけでは希望の白さにならないこともあるのです。

今回は、歯医者で行うホワイトニング治療の種類について解説していきます!

1.歯のホワイトニングとは?



4月4日納品②.png

ホワイトニングとは、歯のクリーニングでは落ちない加齢や遺伝などによる歯の黄ばみなどを、専用の薬を使用して白くする方法のことです。

歯医者で行うクリーニングは、歯の表面の着色や汚れを落として、歯の本来の白さを取り戻すことが目的。

ホワイトニングは、専用の薬剤を使用して、歯の色素を分解して歯の色そのものを白くします。

ホワイトニング治療には、歯を削る治療や削らない治療などがあります。

2.歯を削るホワイトニング治療



歯を削るホワイトニング治療には、次のようなものがあります。

それぞれの治療方法の特徴などを詳しく見てきましょう。

セラミック修復

セラミック修復とは、歯の一部を白くしたい場合や金属の詰め物を白くしたい場合に行われます。

修復する部分の歯を削り、セラミックを被せることで見た目も自然になることが特徴です。

セラミックのメリットとしては、歯並びも同時に綺麗に見せることができます。

ラミネート治療

ラミネート治療とは、歯の表面を薄く削ってセラミックの薄い人工歯を貼り付ける治療法のことです。

歯の表面だけを削るため、歯へのダメージが少ないことが特徴。

比較的短期間で治療を行うことができるので、歯の一部を綺麗にしたいと考える方に向いています。

3.歯を削らないホワイトニング治療



歯を削らないホワイトニング治療については、下記のようなものがあります。

こちらも特徴などを詳しくご説明します。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を薬剤で漂白する方法であり、薬剤を歯に浸透させることで、象牙質の色を白くします。

さらにホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイト二ングに分類されます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、漂白作用が強い薬剤を使用して光をあてることで歯を白くする方法です。

歯医者などで短時間で実施できることが特徴です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、マウスピースに漂白作用の弱い薬剤を塗って、マウスピースを長時間つけることでホワイトニングの効果を得るものです。

ただし、手軽にできる反面、長時間付けっ放しにしなければならないなどのデメリットがあります。

ホワイト・コート

ホワイトコートとは、歯の表面に薬剤を塗布し、光を照射してコーティングするものです。

マニュキュアに近いイメージであり、歯を削ることなく色を変えることができます。

持続期間は1ヶ月から3ヶ月と個人差はありますが、一時的に白くしたい場合などにも使用できます。

シンデレラ・スマイル

シンデレラ・スマイルとは、全米で流行っている新しいホワイトニング治療になります。

従来のホワイトニングは、歯そのものに治療を施すものでしたが、シンデレラスマイルでは、自分の歯に被せることで綺麗な見た目を手に入れることができます。

自分の歯型に沿って作られた歯のパーツを装着するだけなので、削ったり薬剤を使用することもありません。

着脱式になっているため、オンオフと気分に合わせて気軽に楽しめることも特徴です。

<まとめ>ホワイトニングで希望の白さにならないこともある


ホワイトニング治療には様々な種類がありますが、歯の着色や変色の原因によっては希望の白さにならないことがあります。

薬剤によるホワイトニングは、虫歯治療後の詰め物をしている部分には使用できないなどの制約もあるのです。

また、歯によっては削らないホワイトニング治療に適さない場合もあるため、歯医者で相談することも大切です。





石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯の着色汚れの原因は?歯の着色を予防する方法

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

「しっかり歯磨きをしているはずなのに…歯の黄ばみが気になる」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

歯の着色汚れの原因には、加齢によるものや虫歯など様々な原因が挙げられます。

歯を白くするためにはホワイトニングなどの方法がありますが、歯医者で相談が必要なケースもあるのです。

今回は、歯の着色汚れの原因や歯の着色を予防する方法について詳しくご紹介します。

1.歯が着色するのはなぜ?



食べ物や飲み物などによって、歯が茶色や黄色に変色してしまうことがあります。

歯の着色汚れと聞いてパッと浮かぶものといえば、コーヒーやワイン、カレーなどがあるでしょう。

中でもワインに含まれるポリフェノールは、歯に着色しやすく、歯の着色の原因としても挙げられます。

歯の歯垢や歯石などが付着することで汚れとなり、歯を着色させてしまうこともあります。

2.歯の着色汚れの原因



4月2日納品 ①.png

歯の着色汚れの原因としては、食べ物だけでなく、加齢や薬剤によるものもあります。

それぞれの原因について、詳しくご説明します。

加齢による黄ばみ

年齢を重ねて歯の組織が老化することにより、自然に歯の色が変化することがあります。

歯の表面を覆っているエナメル質が加齢とともにすり減り、歯の内部の象牙質が肥厚することにより、歯が黄ばんでしまうのです。

虫歯による色の変化

虫歯になると、歯のカルシウムが抜けて白く濁った状態になります。

さらに進行すると虫歯により歯の表面が茶色に変色し、最終的に歯の神経が死んでしまうと黒ずみが見られます。

抗生物質による変化

抗生物質などの薬剤の副作用として、歯に着色が起こる場合があります。

外部からの着色

外部からの着色としては、食べ物や飲み物などが挙げられます。

着色の原因となりやすい食べ物としては、次のようなものです。

•コーヒー
•赤ワイン
•チョコレート
•ココア

また、タバコなども着色の原因となります。

3.歯の着色を予防する方法



歯の着色には様々な原因が挙げられますが、自分で予防ができるものもあります。

食べ物による着色などは、歯磨きをすることで未然に防ぐことが可能です。

コーヒーや赤ワインを飲んだ後は必ず歯磨きをすることで、着色を防ぐことができます。

3-1.研磨剤入りの歯磨き粉は逆効果



歯磨き粉の中には、研磨剤が含まれているものもあります。

研磨剤入りのものは歯の表面を傷つけてしまい、逆に着色汚れがつきやすくなってしまいます。

歯の表面を守るためには、研磨剤入りの歯磨き粉ではないものを使用することがオススメです。

歯磨き粉の選び方などが分からない場合は、歯医者で尋ねてみると良いでしょう。

3-2. セルフケアだけで予防しきれない場合もある



毎日歯磨きをしていても白さをキープし続けることが難しい場合もあります。

また、研磨剤入りの歯磨き粉などを使用することで、逆に着色汚れを悪化させてしまうこともあるのです。

着色汚れの中には、薬剤の副作用によるものや加齢が原因のものもあるため、セルフケアだけで対処が難しいこともあります。

歯の着色汚れが気になる方は、まずは歯医者で相談されることがオススメです。

<まとめ>歯の白さを維持するためには歯医者のクリーニングがオススメ



歯医者では虫歯治療だけでなく、歯のクリーニングなども行なっています。

歯の白さや健康を維持するためには、歯医者で定期的にケアを続けることが大切です。

クリーニングだけでなく、ホワイトニングなどの選択肢もあるので、まずは歯医者に行って相談してみましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

デンタルフロスで歯周病予防!デンタルフロスの正しい使い方を紹介!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯周病は生活習慣病の一つであり、日本国内の患者数は約300万人と言われています。

全身の疾患にも繋がるため、怖い病気と思われがちですが、正しい治療を行うことで完治できる病気です。

歯周病を予防するためには、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなどのケアアイテムをうまく活用することで、予防にも繋がります。

中には「デンタルフロスは知っているけど、使い方が分からない」という方もいるでしょう。

今回は、デンタルフロスの正しい使い方や頻度、タイミングなどについて詳しく紹介します。

1.デンタルフロスとは?



デンタルフロスとは、絹糸や合成繊維などを用いた糸状のものであり、歯間のプラーク(歯垢)を除去するためのアイテムです。

ドラッグストアなどでは、歯ブラシのコーナーに陳列してあることが多く、小さいカプセルに入ったものやY字型のものなどの種類があります。

糸状になっているので、狭い歯間などにも使いやすい特徴があるのですが、使い方にコツがあるため抵抗がある方も多いでしょう。

2.デンタルフロスが歯周病予防になる理由


歯周病の原因は、歯に残ったプラーク(歯垢)が増殖して炎症を起こし、歯肉の腫れなどの症状が見られます。

歯周病を予防するためには、「プラークの除去」が必要になりますが、歯ブラシだけでは歯間の汚れまでは取りきることが難しいのです。

狭い歯間にはプラークが溜まりやすいため、歯間をキレイにするためにもデンタルフロスを使用することが、歯周病予防に繋がります。

デンタルフロスの種類.png

3.デンタルフロスの種類



デンタルフロスには、糸状になったタイプのものやホルダーについているタイプのものがあります。

糸状になったタイプのものは、必要な長さを切り取り、指で操作をしながら歯と歯の間を清掃します。

ホルダーについたタイプのものは、指での操作が難しい場合や初心者に適しているでしょう。

ホルダータイプにはF字型、Y字型と種類があり、F字型は下顎の前歯Y字型は上顎の前歯と臼歯が使いやすいです。

3-1.デンタルフロスを使うタイミングと頻度



デンタルフロスを使うタイミングとしては、歯磨きの後です。

磨き残しをなくすために、歯ブラシでのブラッシングを終えた後に使用するようにしましょう。

3-2.デンタルフロスの正しい使い方



デンタルフロスの使い方ですが、今回は糸状になったタイプのものでご説明します。

①デンタルフロスを40cmほどの長さに切ります

両手の中指に2、3回ほど巻きつけ15cmほどの長さでピンと張った状態にします

③ピンと張ったフロスを両手の親指と人差し指に挟んで歯間にゆっくり挿入します

④歯間に挿入したら歯に巻きつけるようにして、歯の表面を2、3回上下にこすってプラークを除去します。

⑤別の歯間に使用するときはフロスを少しずつズラして使用します

<まとめ>デンタルフロスと定期検診で健康な歯を維持しよう



普段の歯ブラシによるブラッシングだけでなく、デンタルフロスを使用することで歯周病を予防することが可能です。

デンタルフロスの使い方に関しては、歯科医院でもご説明しているので気軽に聞いてくださいね。

デンタルフロスと定期検診で健康な歯を維持しましょう!






金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯間ブラシのデメリットとは?歯間ブラシの正しい使い方を解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

虫歯や歯周病などお口のトラブルを防ぐために、歯磨きを頑張っている方も多いでしょう。

しかし、歯周病は歯ブラシのブラッシングだけでは予防することが難しいのです。

歯周病や虫歯を予防するためには、歯の間のプラーク(歯垢)をしっかり除去することが重要。

歯間ブラシなどのアイテムを上手く活用しながら、セルフケアを行うことが大切です。

今回は、歯間ブラシのデメリットや正しい使い方について詳しく解説していきます。

1.歯間ブラシとは?



歯間ブラシとは、歯と歯の間に残ったプラーク(歯垢)を取り除くためのケアアイテムの一つです。

歯間ブラシは歯と歯の隙間部分のケアを行うものであり、先端がゴム製になったものやブラシになったものなど様々な種類があります。

ドラッグストアなどでは歯ブラシのコーナーに一緒に陳列されていることが多いので、気軽に購入することができますよ!

2.歯間ブラシが歯周病予防になる理由



歯と歯の間は歯ブラシの毛が届きにくいため、歯垢が残りやすく、虫歯などの原因になりやすいため、しっかり除去することが必要。

特に奥歯は磨きにくい部分であり、磨き残しによる虫歯が発生しやすいです。

歯間ブラシを使うことで、歯ブラシでは取り除けなかったプラークまで除去することができるので、お口の健康を保つことができます。

歯周病予防だけでなく、虫歯予防にもつながるので、しっかりケアを行うことが大切です。

3.歯間ブラシとデンタルフロスの違い



歯間ブラシと同じようなケアアイテムとして、デンタルフロスがあります。

デンタルフロスも歯間のプラークを除去するためのアイテムですが、違いがあるのです。

デンタルフロスは歯間が狭い部分にアプローチしやすく、歯間ブラシは歯間が広い部分に効果的

また、歯間ブラシにはゴムになっているものやワイヤーになっているもの、サイズなどの種類があります。

また、デンタルフロスは使い慣れるまでに時間がかかるため、初めて使用される方は歯間ブラシを使用されることがオススメです。

3-1.自分に合った歯間ブラシ選びのポイント


歯間ブラシの種類.png

歯間ブラシにはゴムタイプや性質、サイズなどの種類があります。

素材としては、下記の2種類です。

・ゴムタイプ:初めての方向け
・ワイヤータイプ:慣れている方向け

ゴムタイプは先端がゴムで出来ているので、柔らかく初めて使用される方にオススメ。

ワイヤータイプは、歯間ブラシに慣れている方に向いているでしょう。

次に、サイズの種類ですが、一般的にSSS~Lまでの5段階で表記されることが多いです。

・SSS ・SS  ・S  ・M  ・L

SSSが小さいサイズになるので、歯間が狭い方にオススメです。

Lサイズになると歯間が広くブリッジなどを装着している周辺のケアに適しているでしょう。

初めて歯間ブラシを使う方は、「ゴムタイプ」「SSS」の小さいサイズから使用されることをオススメします。

4.歯間ブラシは間違えた使い方をするとデメリットになる



歯間ブラシは歯間のケアが出来ますが、間違えた使い方をしてしまうとデメリットにも繋がります。

歯間ブラシのデメリットとしては、歯間ブラシの挿入方向を誤り針金の中心部分が歯肉を突き刺し傷つけてしまうなどのものがあります。

歯肉が傷ついてしまうと出血や感染症のリスクが高まるため、正しい使い方を心がけましょう。

4-1.歯間ブラシの正しい使い方



①歯間ブラシを使用するときは、鏡を見ながら使いましょう

②まず、歯間ブラシの先端を歯茎に沿わせて斜めに当てます。歯間ブラシを歯の隙間に水平にしてゆっくり入れ、前後に2,3回ほど動かします。

③反対側からも同様にブラシを入れると効果的です。

歯間ブラシを使用するときのポイントは、「無理やり入れない」「ゆっくり歯間に入れる」ことです。

歯茎を傷つけないように丁寧に時間をかけて行いましょう。

<まとめ>セルフケアだけでなく歯科医院で定期検診も大切



歯間ブラシによるケアは、歯周病や虫歯予防に効果的です。

しかし、セルフケアだけでは予防できないこともあるため、お口の健康を維持するためには定期的に歯科検診を受けることが大切。

歯間ブラシの使い方などは歯科医院でもお伝えしているので、気軽に聞いてみてくださいね!

毎日のケアが未来の健康につながるので、しっかりケアを行うようにしましょう。






金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

花粉症は歯周病のリスクが高くなる!?花粉症と歯周病の関係を解説

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

花粉症がツライ季節がやってきましたが、鼻水や目のかゆみなどの症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

花粉症と歯の疾患は関係がなさそうに思えますが、実は花粉症が歯周病のリスクを高めてしまうのです。

花粉症により鼻がつまり呼吸が辛いと感じる方も多いでしょう。

鼻が通らないため、口呼吸をする方もいると思いますが、その口呼吸が歯周病のリスクを高める原因です。

今回は、花粉症と歯周病の関係について詳しく解説します。

1.花粉症とは?



花粉症とは、スギなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。

花粉によりくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。

また、花粉症の症状が重い方の中には、皮膚のかゆみや頭痛、倦怠感などの症状を伴うこともあるでしょう。

1-1.花粉症の原因



花粉症の原因は、鼻腔内に入り込んだ花粉を排除しようと起こる免疫反応です。

花粉が体内に入り込むことで様々な症状が見られます。

1-2.花粉症のピーク



花粉症のピークはエリアなどによっても異なりますが、中部東海エリアを中心に見ていきましょう。

中部東海エリアは1年中花粉が飛散しており、2月下旬から3月中旬はスギ花粉が特に多く、4月上旬はヒノキ科花粉がピークとなります。

5月以降から秋まではイネ科やブタクサ、ヨモギなどの花粉が量は少ないですが飛散し、10月以降はスギのサイクルとなっています。

2.花粉症が歯周病を引き起こす原因



花粉症が歯周病を引き起こす原因としては、「口呼吸」が挙げられます。

鼻水により鼻が詰まった状態になってしまうと、口で呼吸をする人も多いでしょう。

この口呼吸が口の中を乾燥させてしまい、歯周病が起こりやすくなるのです。

2-1.花粉症の薬の副作用には唾液の分泌を抑制するものが多い



花粉症の症状を和らげるために、花粉症の薬を内服している方も多いでしょう。

花粉症の薬の中には症状を和らげる副作用として、唾液の分泌を抑制するものもあります。

唾液の分泌の抑制、口呼吸によって、さらに口の中が乾燥しやすい環境となるのです。

唾液には歯周病の原因となる細菌を殺菌する効果もあるため、口の中で細菌が繁殖しやすくなり、歯周病のリスクが高くなります。

2-2.口呼吸と鼻呼吸の違い



口呼吸と鼻呼吸.png

同じ呼吸の方法であっても、口呼吸鼻呼吸には大きな違いがあります。

鼻呼吸の場合は、鼻の粘膜でウイルスや細菌、埃などが体内に入り込まないようにフィルターをかける役割があります。

しかし、口呼吸の場合はフィルターがなくダイレクトに細菌などが体内に入り込んでしまうのです。

<まとめ>口呼吸を予防することが歯周病予防につながる


花粉症の季節は、鼻水や鼻づまりなど辛い症状で悩まされる方も多いでしょう。

鼻がつまり呼吸がしにくい状況になりやすいですが、口呼吸や口の中の乾燥を予防することが、歯周病予防につながります。

まずは、日頃の歯磨きやデンタルフロスを使ったケア、そして定期的な歯科検診で歯の健康を維持することが大切です。



金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close