石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯が茶色でも虫歯じゃないのはなぜ?茶色くなる原因を解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯が茶色に変色する原因には、虫歯や食べ物による着色など様々な原因が考えられます。

茶色に変色している歯の中には虫歯ではなく、治療の必要がないものもあるのです。

もちろん、虫歯が原因で茶色になってしまっている場合もあるため、自己判断せず、歯医者で診察してもらい適切に対処することが大切。

今回は、歯が茶色くなる原因や茶色になっている部分のケアの方法について解説していきます。

1.歯が茶色になる理由



2020年12月納品分②.png

歯が茶色になる理由としては、虫歯や虫歯の前段階、着色などの原因が考えられます。

「歯が茶色になっている=虫歯」ではないので、茶色になっている原因を把握することが大切。

ただし、虫歯ではないからと言って放置してしまうと、虫歯になってしまうことのあるので自己判断せず診察を受けましょう。

2.歯が茶色くなる原因


歯が茶色くなる原因としては、虫歯や食べ物による着色など様々なものが考えられます。

2-1.虫歯によって茶色くなる



虫歯は歯の表面が溶けることで進行するため、歯に穴が開いた部分が茶色く見えることがあります。

虫歯の初期段階であれば、ミュータンス菌によって溶かされたエナメル質を元に戻そうとする再石灰化が起こります。

再石灰化の過程で色素成分が取り込まれることにより、茶色いシミのような状態になります。

この茶色のシミはブラウンスポットと呼ばれており、虫歯のように見えてしまうのです。

2-2.歯の神経が死んでいる



虫歯の進行やぶつけたりして歯の神経が死んでしまった場合、歯が茶色く変色します。

歯の内部で出血が起こり、その出血が象牙質内に入り込むことで歯が茶色っぽく見えてしまうのです。

歯の神経が死んでいる状態を放置すると、歯の根の周りの骨が化膿してしまい、膿が溜まることで激しい痛みや腫れなどの症状が起こります。

2-3.レジンの経年劣化


虫歯の治療などで歯を削ったあと、欠けた部分にレンジと呼ばれる樹脂製の素材を使って補修することがあります。

このレジンと呼ばれる素材は、経年劣化により茶色に変色してしまうことがあるのです。

レジンが変色して茶色に見える場合は、再度修復することで見た目も綺麗に戻すことができます。

2-4.食べ物による着色



コーヒーやワインなどの食べ物に含まれる色素が原因で、歯が茶色に見えることがあります。

食べ物以外では喫煙や歯垢の付着なども原因になり、歯の黄ばみなどを目立たせてしまうため注意しましょう。

3.歯が茶色になっている部分のケアは?


虫歯の初期であれば、歯磨きをしっかり行い歯の再石灰化を促すことが大切になります。

また、虫歯以外の着色汚れなどの場合は、クリーニングやホワイトニングを行うことで解決できる場合があります。

3-1.歯磨きを続けて「再石灰化」を促す


虫歯が初期の場合は、丁寧に歯磨きを続けることで虫歯の進行を食い止めることができます。

ただし、再石灰化に伴ってできたブラウンスポットは、歯磨きなどのケアでは白く戻せません。

ブラウンスポットが気になる場合は、気になる部分を削って詰め物をするなどの対処法がありますので、かかりつけの歯医者で相談されることをおすすめします。

3-2.歯医者でクリーニングやホワイトニングを行う



虫歯以外の着色が原因の場合は、クリーニングやホワイトニングのケアを受けることも方法の一つです。

クリーニングを受けることで、通常の歯磨きでは落とせない汚れを落とすことができるので、歯の隙間などが綺麗になります。

また、薬剤を使って歯を漂白するホワイトニングを受けることで、茶色が気にならなくなる場合があります。

<まとめ>虫歯を予防するために定期検診を受けよう



歯が茶色くなる原因としては、虫歯以外に着色などが挙げられます。

見た目だけでは虫歯が原因かどうか判断できないため、自己判断せず、診察を受けることが大切です。

虫歯であった場合は放置することで、虫歯が進行し、痛みなどの症状を引き起こすことがあります。

初期段階で虫歯の進行を止めるためにも、定期検診を受けるようにしましょう。




金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

銀歯が原因!?歯科金属アレルギーの原因や症状・治療法を解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯科治療で使われる銀歯や詰め物など、金属が原因で発症するアレルギーのことを「歯科金属アレルギー」と言います。

金属アレルギーと聞くと、ネックレスやイヤリング、ピアスなどを装着して痒みやかぶれが起こることをイメージする人も多いでしょう。

銀歯などの金属単体では症状を引き起こすことはありませんが、唾液と反応することによって金属が溶け出すことで様々な症状をもたらすのです。

今回は、歯科金属アレルギーの原因や症状・治療法について解説していきます。

1.歯科金属アレルギーとは?



2020年12月納品分①.png

歯科金属アレルギーとは、歯科治療で使われる銀歯や詰め物によって顔や全身にアレルギー症状を発症することです。

症状の現れ方には個人差があり、口内炎や歯肉炎などの口腔内の症状だけでなく、手足や背中に湿疹ができることもあります。

また、アレルギー症状の原因が「歯科治療による銀歯などの金属」と気づかない状態で過ごしている方も少なくありません。

2.歯科金属アレルギーの原因


歯科金属アレルギーの原因は、歯科治療で使われる銀歯や詰め物の金属です。

金属そのものがアレルギーを引き起こすのではなく、唾液と反応して溶け出した金属が体内に吸収されることがきっかけになります。

アレルギー反応が起こるタイミングにも個人差があり、突然発症するケースも見られます。

3.歯科金属アレルギーの症状



アレルギー症状には個人差がありますが、口内炎舌炎など口の中の炎症が起こるケースが多いです。

口の中以外では唇が腫れたり、ただれたりする口唇炎口角炎などが起こることも。

口の周り以外に顔や全身に発疹や痒み水膨れなどの症状が見られる場合もあるようです。

4.歯科金属アレルギーの診断方法



歯科金属アレルギーの診断方法は、アレルゲンとなる物質を特定することが必要になります。

金属アレルギーのパッチテストを実施して、皮膚状態をチェックしてアレルギーの有無を判断します。

パッチテストが難しい場合は血液検査を実施する場合もあります。

5.歯科金属アレルギーの治療方法


アレルギーの原因となる金属やアレルゲンが使用されている銀歯や詰め物が特定できれば、口の中から原因物質を取り除きます。

銀歯や詰め物を取り除き、症状が改善するかを観察していきます。

ただし、取り除いてすぐに症状が改善するわけではないため、定期的な通院を行い観察を続ける必要があります。

また、痒みがひどい場合は痒み止めなどの塗り薬が処方されることもあります。

<まとめ>定期的な歯科検診が必要


歯科金属アレルギーは、銀歯や詰め物などが原因となり発症するものです。

口の中の症状だけでなく、手足や皮膚などにも現れるため、歯科治療で使用されている金属が原因と気づかない場合もあります。

「口腔内の銀歯や金属を除去したら症状が改善された」などの方もいるので、気になる症状がある方はかかりつけの歯医者で相談しましょう。

歯科金属アレルギーの治療や症状の改善には、定期的な歯科検診と観察が必要になるので、定期検診を受診することをおすすめします。



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

年末年始のお知らせ

年末年始の診療日についてお知らせします。

12月29日(火)午前まで診療となります。
12月29日(火)午後~1月3日(日)まで休診
新年は1月4日(月)より通常通りの診療となります。
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

当院へお越しの際のお願い

 お越しの際は、新型コロナ感染対策の一環として、入り口に設置しております、非接触型体表面センサーにて、マスクをつけた状態で体温をお計りください。お連れの同伴の方も含めまして、全員の計測をお願いいたします。
(体温が規定値以上に高い場合やマスクをつけていない場合には、音声案内させていただきます。)
 また、入室時、退出時には、備え付けの自動センサーのアルコール噴霧器にて、手指の消毒をお願いしております。
安心してご来院頂けるよう、皆様のご協力をお願いいたします。

ブログ(非接触型体温計).jpg

アルコール消毒画像(HP用.jpg



石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯周病が関係している「バージャー病」とは?症状や治療法について解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

バージャー病」とは、聞き慣れない病名ですが、別名「閉塞性血栓血管炎」と呼ばれることもあります。

末梢血管が閉塞していく病気で、四肢の指先などに虚血状態を引き起こすものです。

特に20〜40代の喫煙する男性に好発すると言われており、歯周病と大きく関係していることが研究で明らかになってきました。

今回は、歯周病が関係している「バージャー病」の症状や治療法について詳しく解説していきます。

1.バージャー病とは?



11月分納品②.png


バージャー病とは、手足の動脈に炎症が生じて血管が細くなる、あるいは血の塊によって血栓ができ、血管が詰まってしまう病気のことです。

血栓により血管が塞がってしまうと、手足や指先に十分な血液が供給されず虚血状態に陥ってしまいます。

根本的な原因は解明されていませんが、30〜40代の男性に多く見られ、最近では女性の割合も増加。

喫煙が主な原因と考えられていますが、明確には分かっておらず、重症患者の多くから歯周病菌が発見されたことから、歯周病と大きく関係していると考えられています。

1-1.バージャー病の原因



血管に炎症を引き起こすバージャー病の原因は、はっきり分かっていません。

ただし、発症者の多くが喫煙者であることから、喫煙との関連性が指摘されています。

喫煙が大きな原因と考えられてきましたが、研究の結果、バージャー病を発症している患者さん全員が歯周病と診断され、患部の血管からは歯周病菌が発見されたことから、歯周病との関連が分かっています。

バージャー病の原因や悪化する要因として、歯周病菌が大きく関連していることが示されたのです。

1-2.バージャー病の症状



バージャー病の症状には、下記のようなものがあります。

• 手足や指先の冷えとしびれ
• 皮膚が白くなる
• 間欠性跛行(長時間歩くと痛みが出現し休むと痛みが治る症状を繰り返す)
• 重症化すると潰瘍ができる

指先などに十分な血液が供給されず、冷えとしびれの症状が見られるようになります。

また、血色が悪く皮膚が白くなったり、症状が悪化すると間欠性跛行と呼ばれる痛みが出現したり治ったりを繰り返す症状が出現。

そして、さらに重症化すると潰瘍ができ、最悪の場合は手足の先が壊死して切断が必要になるケースもあります。

1-3.バージャー病の治療方法


バージャー病の治療法は、まず第一に「禁煙」を行うことが挙げられます。

禁煙と薬物療法を行い、血液を固まりにくくする抗凝固薬や血管を広げる抗血小板薬、血管拡張薬などを投与。

重症化している場合は、閉塞している血管の前後をつなぎ合わせるバイパス手術なども行います。

ただし、血管が細くなりすぎてしまうバージャー病では、外科的な治療を行うことは難しいケースも多いです。

バージャー病と歯周病の関連性からも、禁煙と同時に歯周病治療を行うことを推奨しています。

<まとめ>日頃から歯周病予防に取り組もう



今回は、歯周病との関連性が判明した「バージャー病」についてご紹介しました。

バージャー病は、四肢の末端の血管を細くしたり、塞いでしまう病気です。

最悪の場合は、四肢の切断が必要になるケースもあるため、早期発見と予防が大切になります。

バージャー病の悪化の原因の要因として、歯周病が指摘されていることから、毎日のケアと定期的な歯科検診に取り組み、歯周病予防を行いましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯がボロボロになった口腔崩壊(こうくうほうかい)とは?原因について解説!

こんにちは。白根歯科クリニックの白根です。

10本以上の虫歯があったり、治療していない歯が何本もある状態を「口腔崩壊」と言います。

もしかしたら、仕事が忙しいことを言い訳に受診せず、虫歯や歯周病を放置している方もいるかもしれません。

実は、口腔崩壊は子どもではなく、20代以降の大人に深刻に見られる状態なのです。

今回は、歯がボロボロになった口腔崩壊(こうくうほうかい)の原因について詳しく解説します。

1.若い人に増えている「口腔崩壊(こうくうほうかい)」とは



2020年11月納品分①.png

口腔崩壊(こうくうほうかい)とは、虫歯が10本以上あったり、歯の根しか残っていない、治療をしていない歯が何本もある状態のことを指します。

虫歯や歯周病を治療せず放置することで、歯が抜けたり、食べ物が食べにくくなるなど様々な症状を引き起こします。

1-1.20代以降はハイリスクになる


2016年に発表された厚生労働省のデータによると、虫歯を持つ人の割合の年次推移の結果は下記の通りです。

•10〜14歳:19.7%
•15〜19歳:47.1%
•20〜24歳:78.6%
•25〜34歳:90.2%
•35〜44歳:99.3%
•45〜54歳:99.5%

15歳以降になると学校の歯科検診がなくなるので、一気に虫歯の人が増えていることが分かります。

そして、20歳以降は70%以上に増加し、25歳以降は90%以上に増加。

20代以降は虫歯のリスクが高く、20代で口腔崩壊してしまう方も少なくありません。

20代以降の若年層の口腔崩壊リスクが上昇する理由としては、仕事が忙しいなどの理由で受診率が下がってしまうことも考えられます。

2.口腔崩壊の原因は経済的な理由も多い


先ほどは20代以降の口腔崩壊の原因について触れましたが、実は、経済的な理由も多いのです。

仕事が忙しくなり、受診する時間が作れないなどの理由以外に、歯医者に行くお金がなく、歯がボロボロになってしまい口腔崩壊を起こしてしまう方も少なくありません。

2-1.仕事が忙しくて受診や治療ができない



20代になると学生を卒業して、企業に就職して働く方が多いでしょう。

学生時代とは異なり、朝から夜まで働きっぱなしの日々が続き、生活習慣が乱れ、虫歯になっていることにも気づかない方も少なくありません。

虫歯の自覚があっても受診する時間がなく、そのまま放置してしまい口腔崩壊を引き起こすパターンもあるのです。

仕事に打ち込む姿勢は素晴らしいですが、健康を損なってしまっては元も子もありません。

2-2.経済的に治療費がなくて受診できない


持病があり就職できずアルバイト生活を続けている方や親の介護によって安定した収入を得られない方など、様々な事情の方がいます。

治療の必要性を理解していても経済的に厳しく治療できず、口腔崩壊してしまうケースも少なくありません。

そのまま放置してしまい、虫歯が進行して歯は抜け落ち、噛むことができず食事に支障をきたすこともあります。


2-3.大人だけでなく子どもの口腔崩壊も起きてる


ここまで20代以降の口腔崩壊について解説してきましたが、実は大人だけではありません。

子どもの口腔崩壊も深刻な問題になっており、その原因は「ネグレクト」や「貧困」です。

保護者が歯科受診を受けさせない、治療するお金がないなどの理由により、子どもの口腔崩壊も起きているのです。

<まとめ>20代以降は定期的に歯科検診を受けよう


今回は、歯がボロボロになる口腔崩壊について解説しました。

20代以降は虫歯の割合も高くなっているので、口腔崩壊のリスクも上昇します。

仕事やライフスタイルの変化により虫歯や歯周病を引き起こすリスクも上がるので、定期的に歯科受診されることがおすすめです。

参考データ:(平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要 - 厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/62-28-02.pdf





金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯の磨きすぎは逆効果!注意したいオーバーブラッシングについて

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

歯を磨いていたら歯茎から出血した」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

歯を強く磨きすぎると歯茎が傷ついて出血してしまうこともあります。

また、歯ブラシで強く磨くことで歯茎に傷がつき、感染を起こしやすくなってしまう副作用もあるのです。

今回は、歯の磨きすぎであるオーバーブラッシングによって起こる症状について解説します。

1.オーバーブラッシングとは?



2020年10月分納品②(ダウンロードイラスト).png

オーバーブラッシングとは、歯磨きの時に力を入れすぎて磨くことです。

虫歯予防のために一生懸命歯磨きを頑張っている方もいると思いますが、力の入れすぎによって逆効果になることもあるのです。

強く磨けば綺麗になると思われがちですが、綺麗になるどころか悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

1-1.歯を強く磨くと歯に悪影響を及ぼす可能性がある



歯を力強く磨くことにより、歯茎が傷付いて出血することもあります。

また、歯の表面を覆っているエナメル質がすり減ってしまい、象牙質が露出して知覚過敏になりやすくなることも。

虫歯予防のために一生懸命に磨いているつもりでも、知らない間に虫歯になりやすい環境を作ってしまっているのです。

2.歯を磨きすぎることで起こる症状



ここでは、歯の磨きすぎによって起こる症状について詳しく見ていきましょう。

2-1.歯茎に傷がついて痛くなる



歯ブラシで力を入れすぎて磨くことで歯茎に傷がついてしまいます。

歯茎が傷つくと痛みが生じたり、傷口から細菌が入り込み口内炎などの炎症を引き起こす原因になることも。

2-2.歯茎が後退して歯の根が出る



力を入れすぎて歯磨きをすることで、歯茎が後退して歯の根の部分が露出してしまう場合があります。

歯根は硬いエナメル質で覆われている歯とは異なり、柔らかいセメント質でできているので刺激に弱くすり減りやすくなっているのです。

歯根が見えかけている状態になると、冷たい水や食品を食べた時に歯がしみて痛みを感じる「知覚過敏」の症状が現れることもあります。

2-3.歯茎から出血する



強く磨きすぎることで歯茎から出血してしまうこともあります。

ただし、歯茎からの出血で考えられるのは、強く磨きすぎる以外に歯周病などの別の原因もあるのです。

健康な歯茎は強く磨いただけで出血することはないので、出血があった場合は歯茎に異常が発生している可能性が高いでしょう。

歯茎からの出血が続く場合は歯周病の可能性が高いので、早急に対応する必要があります。

3.歯の磨きすぎで痛み出た時は?



歯を強く磨きすぎて痛みが出た場合は、すぐに歯医者を受診しましょう。

すぐに受診できない場合は痛みを我慢せず、市販の鎮痛薬を内服して対応してください。

歯茎の痛みを放置することで炎症が悪化してしまう可能性があるので、痛みを感じたら早く歯医者を受診してください。

4.歯茎を傷つけない正しい歯磨きの方法



歯茎を傷つけない歯磨きケアを行うためには、毛先の柔らかい歯ブラシを使うことがポイントです。

毛先の硬い歯ブラシで強く磨きすぎると歯と歯茎を傷つけてしまう可能性が高くなります。

また、歯磨きの頻度は最低1日2回であり、何度も磨けば良いというわけではありません。

正しい方法で磨かなければ虫歯予防にはつながりません。

そして、ブラッシングする時は力を入れすぎず、優しく磨くようにしてください。

<まとめ>歯の健康をキープするためには定期検診が大切


今回は、歯の磨きすぎであるオーバーブラッシングによる影響について解説しました。

間違った磨き方を続けてしまうと、虫歯ができやすい環境を作ってしまうこともあるので、虫歯を予防するためにも正しいブラッシング方法を身につけ、歯の健康を維持しましょう。

歯の健康をキープするためには、定期検診を受診して歯の状態を知ることが大切です。




石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯を強くする食べ物と栄養素を解説!子供の虫歯予防にも!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

虫歯にも強い丈夫な歯を作るためには、カルシウムなどの栄養素をバランス良く摂ることが大切です。

特にカルシウムは、歯の原料となる栄養素なので子供の歯の状態から摂取することが重要になります。

逆に大人の歯はカルシウムを摂取しても劇的に強くなるわけではないので、栄養バランスを考えた食事と定期検診が強い歯を維持するために必要です。

今回は、子供の虫歯予防にもつながる歯を強くする食べ物と栄養素について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.食べ物で歯を強くすることはできる?


2020年10月納品分①.png

虫歯になりにくい歯のことを「強い歯」と認識している方も多いでしょう。歯は筋肉のように鍛えて強くすることはできません。

歯を強くするためには、歯の石灰化を促すカルシウムやエナメル質や象牙質の土台となるビタミン、歯の構成に不可欠なタンパク質など豊富な食材を摂取することが必要になります。

1-1.カルシウムを摂取することが大切



カルシウムは歯の石灰化を促す栄養素であり、歯の成長には欠かせないもの。

血液中のカルシウム濃度は一定に保たれており、不足状態が続くと骨や歯からカルシウムが溶け出し、歯の質の低下や骨折しやすい状態になったりします。

また、子供の乳歯から永久歯が生えそろうまでの間にカルシウムをしっかり摂取することで、強い歯を作ることが可能です。

カルシウムは慢性的に不足気味なので、妊娠期や乳歯が生える乳幼児、永久歯の生えそろう前の時期の子供は特に摂取を心がけておきましょう。

1-2.大人の歯と子供の歯の違い



子供の歯は成長段階にあるので、乳歯から永久歯が生えそろう間にカルシウムを摂取することで強い永久歯を作ることができます。

すでに生えている大人の歯の場合は、子供の歯のようにカルシウムをたくさん摂取しても劇的に歯を強くすることはできないのです。

大人の場合は、歯の表面から直接カルシウムを取り込む再石灰化によって歯を強くすることができます。

また、歯からカルシウムが溶け出す脱灰を食い止めることが歯を丈夫にすることにつながるのです。

大人の歯の場合は、カルシウムを含む栄養バランスの良い食事とフッ素などを摂取することで歯を強くする効果を上げることができます。

2.歯を強くする食べ物と栄養素


歯を強くする食べ物と栄養素には、カルシウム以外にタンパク質やビタミンなどが挙げられます。

2-1.カルシウム



歯の原料となるカルシウムは、牛乳や乳製品、小魚、桜えび、大豆、ひじきなどに多く含まれています。

2-2.リン



再石灰化を助けるリンは、お米や豚肉、牛肉に多く含まれています。

2-3.タンパク質


歯の土台である歯肉を作るために必要なタンパク質は、卵や魚、乳製品、大豆に多く含まれています。

2-4.マグネシウム


歯を支える骨の成分として重要なマグネシウムは、大豆やアーモンド、海藻類、玄米などに多く含まれています。

2-5.ビタミン類



ビタミンD
カルシウムの吸収を高めるビタミンDは、キノコ類、イワシ、サンマに多く含まれています。

ビタミンA
ビタミンAはエナメル質を作る必要な栄養素であり、人参、かぼちゃ、レバー、ほうれん草に多く含まれています。

ビタミンC
象牙質を作るビタミンCは、みかん、サツマイモ、ピーマンに多く含まれています。

3.大人も子供もバランス良い食事を取ることが大切



歯を強くするためには、大人も子供もバランスの良い食事を取ることが大切です。

上記以外にもごぼうやレタスなどに含まれる食物繊維は、噛むときに歯の表面をキレイにしてくれる清掃性食品と呼ばれています。

ただし、カルシウムなどの栄養素を摂っていれば「虫歯にならない」というわけではありません。

<まとめ>定期検診で強い歯を維持しよう



今回は、歯を強くする食べ物や栄養素について解説しましたが、食べ物だけで虫歯を予防することはできません。

虫歯予防の基本は歯磨きなので、食後の歯磨きを行い、定期検診で歯の健康を維持しましょう!

大人の歯の健康を守るためには、フッ素を塗布してカルシウムが溶け出すのを防ぐことも効果的です。

虫歯になってからでは遅いので、定期検診に行って予防に努めましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

矯正専門サイトが完成しました。

この度、当院の矯正専門サイトが完成しました。
矯正治療の内容を充実させましたので、ご覧いただけると幸いです。

https://invisa4618.com
スクリーンショット 2020-09-16 112750(矯正専門サイト).jpg



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

栄養療法で健康な毎日を

栄養療法」ってご存知でしょうか?
「最近、病気とまではいかないけど、何か調子が悪い」、「病院に行っても異常なしといわれる」といったご経験はありませんでしょうか。
お口の中でいえば「口内炎が最近よくできる」、「口がよくかわく」、「歯があちこちしみる」、「舌がヒリヒリする」などの不調を訴える方が、最近増えています。
原因は、人それぞれにありますが、実は、体の栄養状態に問題がある場合が結構見受けられます。体に必要な一部の栄養素が不足するだけで、人間は、あらゆるところに不調が出てきます。
一度、ご自身のお体の栄養状態を確認してみませんか?
当院は、全国的にも数少ない歯科の栄養療法をおこなっている医療施設です。
今まで、お口の中で原因不明だった不調を解明できるかもしれません。お気軽にお越しください。スタッフ一同お待ちしております。
栄養療法写真3.jpg
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close