石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯にメラミンスポンジを使うのはNG!エナメル質が削れてしまうってホント!?

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯の黄ばみの原因には、加齢や食べ物、タバコなどが挙げられますが、出来れば白い歯をキープしたいと考えている方も多いでしょう。

歯を白くする方法として、掃除用のメラミンスポンジを使うことを考える方もいますが、絶対にNG!

歯の着色汚れを取るだけでなく、エナメル質が削れてしまい、虫歯になりやすくなってしまいます!

今回は、歯にメラミンスポンジを使うのがNGな理由について詳しく解説します!

1.メラミンスポンジを使えば歯が白くなる?



2021年2月納品分①.png

掃除道具として活用されるメラミンスポンジですが、「歯の表面を擦れば着色汚れが取れるのでは?」と考えたことがある方もいるでしょう。

メラミンスポンジを使うことで、歯を白くできそうに思えますが、実際は逆効果になってしまいます。

1-1.メラミンスポンジとは?



お掃除グッズの定番であるメラミンスポンジですが、水だけを使って簡単に汚れを落とすお掃除アイテムです。

メラミン樹脂から作られており、硬い無数の網目をもつ特性から、水だけで汚れを削り落とすことができます。

研磨することで汚れを落とすことができるため、頑固な汚れなども落とすことが可能です。

1-2.メラミンスポンジで着色が取れてもホワイトニングにはならない



「メラミンスポンジを使えば、歯の表面の着色が取れて簡単にホワイトニングができる」と思っている方もいますが、ホワイトニングにはなりません。

メラミンスポンジは、研磨によって汚れを落とすため、表面の素材も削ってしまう性質があるのです。

2.メラミンスポンジ使うとエナメル質も削れてしまう



メラミンスポンジを歯の表面に使用することで、着色汚れが取れるだけでなく、歯の表面のエナメル質まで削れてしまう可能性があります。

歯の表面のエナメル質は、外部からの攻撃から歯髄(歯の神経が通っている部分)を守る役割があり、エナメル質が削れることで様々な影響を及ぼす可能性があるのです。

2-1.歯の表面に傷がつくと着色しやすくなる



メラミンスポンジの研磨により歯の表面が傷つくと、着色汚れが起こりやすくなります。

歯の表面にできた小さな傷にコーヒーやワイン、食べ物などの色素が入り込むことで、着色してしまうのです。

2-2.虫歯や知覚過敏を引き起こす



歯のエナメル質が削れることで、虫歯や知覚過敏を引き起こす可能性があります。

綺麗にするつもりが逆に虫歯や知覚過敏などの症状を悪化させることもあるため、注意が必要です。

3.歯の黄ばみを落とす方法



歯の表面の黄ばみの原因は、コーヒーやワイン、カレーなどの色が濃い食べ物などが挙げられますが、できれば白い歯を維持したいですよね。

歯の黄ばみを落とす方法としては、次の方法が挙げられます。

ホワイトニング歯磨き
歯医者でホワイトニングを受ける

家庭で着色汚れを落としたいなら、ホワイトニング効果のある歯磨きを使うことも有効です。

歯の黄ばみをしっかり落としたいなら、歯医者でホワイトニングを受けることもおすすめ。

家庭用の歯磨き粉では落とせない部分もケアできるので、細かい部分まで綺麗にすることができます。

<まとめ>歯の着色が気になったら歯医者に相談しよう


今回は、歯の着色汚れとメラミンスポンジの使用について解説しました。

メラミンスポンジはお掃除の定番アイテムですが、歯の着色汚れを落とすために使用するのはNGです。

歯の表面のエナメル質まで削ってしまい、着色汚れの悪化や虫歯、知覚過敏などを引き起こす恐れがあります。

歯の着色が気になる方は、一度かかりつけの歯医者にご相談ください。


金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

診療日のお知らせ

2月27日(土)は、祝日のある週により、診療日となっております。
診療時間:午前は9:00~12:00、午後は13:30~17:00になります。
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close