石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

すきっ歯になる原因は?治療法を解説

こんにちは。金沢市で開業している歯科医師の白根和明です。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。白根歯科クリニックでは、皆様の健康にお役立てできる情報をこの健康ブログを通じて発信してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

歯に隙間があると人目も気になり、悩んでいるという人もいるかもしれません。

すきっ歯になる原因としては、生まれつきによるものや習慣によって起こるものもあります。

すきっ歯は自力では治すことができませんが、歯医者で治療することができます。

今回は、すきっ歯の原因と治療方法について詳しく解説していきます!


1.すきっ歯とは?



10月17日納品③.png

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。

虫歯などが原因ではなく自然に隙間が開いた状態であり、前歯が開いてしまう場合もあります。

すきっ歯は放置してしまうと虫歯や歯周病になりやすくなったり、発音がしにくいなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

2.すきっ歯になる原因



すきっ歯になる原因としては、生まれつきであったり、生活習慣によるものなど様々な要因が挙げられます。

生えてきた歯が小さい
歯とあごの大きさのバランス
指しゃぶりにより歯に隙間が出来てしまう
頬杖をつく習慣がある

上記がすきっ歯になる原因として挙げられるものですが、生えてきた歯が小さいなど生まれつきによるものだけでなく指しゃぶりなど習慣によって歯に隙間が生じることがあるのです。

3.すきっ歯を治すことはできる?



すでにすきっ歯になってしまっている場合は、自分の力で治すことは難しいでしょう。

自分で直そうとして無理な力が加わることで、歯がぐらついたり、抜けてしまうこともあるので、自分で無理せず歯医者に相談することが大切です。

すきっ歯を治す方法として、次の3つの方法を見ていきましょう!

歯列矯正

ワイヤーを装着したり、透明のマウスピースを装着して歯列矯正を行うことで、歯を動かし隙間を埋めていきます。

歯を動かして隙間を埋めていく方法であり時間はかかりますが、自分の歯を削ることなく治療できることがメリットです。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを貼り付ける治療法です。

矯正治療とは異なり比較的早くすきっ歯を治せることがメリットです。

ただし、自分の歯を削ってしまうことや大きな隙間では対応できないことがデメリットです。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、歯科用のレジンを歯の隙間に埋める方法です。

1日で治療することができるだけでなく、自然でキレイな仕上がりが期待できることが特徴です。

ただし、奥歯や隙間の広い部分には適応できないことがデメリットです。

<まとめ>すきっ歯は歯医者に相談しよう!



すきっ歯は日常生活や生まれつきなどの様々な要因によって起こることがあります。

すきっ歯で悩まれている方は多いですが、治療法がないわけではありません。

ただし、自力で直すことは難しいため、歯医者で治療されることをオススメします。





石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

前歯を小さくする方法はある?歯の整形方法について

こんにちは。金沢市の白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯の大きさには個人差がありますが、「前歯が大きい」ことに悩んでいる方もいるでしょう。

歯は人目につきやすい部位でもあるので、綺麗にしたいとお考えの方も多いです。

前歯の大きさが気になる場合の治療法として、矯正やオールセラミックなどの方法がありますが、原因によって選択が異なります。

今回は、前歯を小さくする方法や歯の整形方法について詳しくお伝えします。


1.前歯を小さくする方法はある?



10月10日納品②.png

大きく見える前歯を小さくしたい場合は、矯正セラミックなどの方法があります。

前歯が大きく見える原因として歯並びの悪さなども挙げられるため、原因に合わせた治療法を行うことが大切です。

ただし、矯正の場合は、費用と時間がかかるため、「すぐに改善したい」と考えている方には不向きな場合もあります。

このように、前歯を小さくする方法はありますが、原因に合わせた治療法を行うことが大切になります。


2.前歯が大きい原因は?



前歯が大きい原因としては、次のようなものが考えられます。

•前歯以外の歯が小さい
•前歯が前に出ている
•顎が小さい
•歯茎の形が原因で大きく見える

前歯以外の歯が小さく、前歯そのものが大きい場合や、前歯が前に出ていることにより、前歯が大きく見えることもあります。

また、歯茎の形が原因で歯が大きく見えることもあるのです。

歯並びが悪い場合は、歯並びを改善することで歯の大きさが気にならなくなることもあるので、削らなければならないということはありません。

3.大きい前歯を小さくする治療法


大きい前歯を小さくする治療法には、矯正やオールセラミックなどの様々な方法があります。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

歯列矯正

歯並びが悪いことで前歯が大きく見えるケースもあります。

歯列矯正によって歯並びを治すことで、歯の大きさが気にならなくなり改善されることも多いです。

健康な歯を削らずに治療できるメリットもありますが、費用と時間がかかるデメリットもあります。

オールセラミック

オールセラミックは歯を削る治療になりますが、時間をかけずに見た目も綺麗に改善することが可能です。

歯そのものが大きい場合や時間をかけずに改善したいと考えている方に向いているでしょう。

ただし、健康な歯を削る治療になるので、歯が弱くなってしまうなどのデメリットやリスクもあります。

歯茎の再生治療

歯茎の形によって歯が長く大きく見える場合もあります。

その場合は、歯茎の再生治療を行うことで歯を小さく見せることが可能です。

<まとめ>1人で悩まず歯医者に相談しよう



前歯が大きいことで悩まれている方は少なくありません。

歯の大きさを改善する治療法には、様々な方法があり、削って治療するだけが全てではありません。

まずは1人で悩まずかかりつけの歯医者に相談することをオススメします。





金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯に食べ物が詰まる原因は?対処法について解説

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

最近、歯に食べ物が詰まるようになってきた」などと感じている方もいるのではないでしょうか?

歯に食べ物が詰まる原因としては、虫歯や歯周病などが挙げられます。

そのまま放置してしまうと悪化してしまうこともあるので、放置せず対処しましょう!

今回は、歯に食べ物が詰まる原因と対象法について詳しく解説します!

1.歯に食べ物が詰まる原因は?



10月3日納品①.png

歯に食べ物が詰まる原因は、歯と歯の間に隙間があることが考えられます。

通常、歯は隙間なくUの字に生えているものですが、何らかの原因によって隙間が生じ、そこに食べ物が詰まってしまうのです。

歯に食べ物が詰まる主な原因と対象法について、合わせてみてきましょう!

①歯と歯の間が虫歯になっている



歯と歯の間が虫歯になってしまうと穴が空き、食べ物が詰まりやすくなります。

歯と歯の間の虫歯は気づきにくい部分でもあるので、同じ場所に詰まることが多いと感じたら要注意です。

また、歯の間は歯ブラシだけでは汚れを除去できないため、虫歯が悪化してしまうこともあります。

虫歯になっている時の対処法

虫歯を発見したらすぐに歯医者を受診して治療しましょう。

また、日々の予防としてはデンタルフロスや歯間ブラシを活用しながらケアを続けることです。


②歯周病になっている



歯周病は、歯を支える周りの骨が無くなっていく病気です。

歯周病菌の感染によって引き起こされる病気であり、歯肉の退縮により、歯と歯の間に隙間が生じやすくなります。

歯周病が進行すると歯の隙間だけでなく、歯が抜けてしまうこともあるので、予防と早期治療が大切です。

歯周病になっている場合の対処法

歯周病は治療をすれば完治する病気です。

歯周病になってしまっている場合は、歯医者で治療を行いましょう。

毎日の歯磨きでは、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使用して、磨き残しを作らないことです。

歯周病は歯だけでなく、全身にも影響してしまう病気なので早めに対処しましょう!

③歯が動いている

歯ぎしりや歯周病、歯が抜けてしまった場合など、歯列が乱れて歯の間に食べ物が詰まってしまうことがあります。

寝ている間に歯ぎしりをしている方は自覚症状がない場合もあるので、気づきにくいことも多いでしょう。

歯が動いている場合の対処法

歯ぎしりや食いしばりによって歯が動いている場合は、マウスピースなどを使用することで予防します。

歯を抜歯した状態で放置してしまっている場合は、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療が必要になります。

そのままの状態で放置してしまうと他の歯だけでなく、口腔内全体に影響してしまうため早期に対処しましょう!

抜歯したまま治療をせずに放置してしまっている方は要注意ですよ!

<まとめ>歯の詰まりが気になる場合は放置は厳禁!



「歯に食べ物が詰まりやすくなった」と感じている方は、出来るだけ早く歯医者を受診することをお勧めします。

歯の詰まりにも様々な原因があるので、まずは原因を解明し、適切な治療を行うことが大切です。

歯の詰まりを放置してしまうと、お口全体のトラブルに発展してしまうことも考えられるので、放置せず早い段階で対処しましょう!




金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close