石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

すきっ歯になる原因は?治療法を解説

こんにちは。金沢市で開業している歯科医師の白根和明です。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。白根歯科クリニックでは、皆様の健康にお役立てできる情報をこの健康ブログを通じて発信してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

歯に隙間があると人目も気になり、悩んでいるという人もいるかもしれません。

すきっ歯になる原因としては、生まれつきによるものや習慣によって起こるものもあります。

すきっ歯は自力では治すことができませんが、歯医者で治療することができます。

今回は、すきっ歯の原因と治療方法について詳しく解説していきます!


1.すきっ歯とは?



10月17日納品③.png

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。

虫歯などが原因ではなく自然に隙間が開いた状態であり、前歯が開いてしまう場合もあります。

すきっ歯は放置してしまうと虫歯や歯周病になりやすくなったり、発音がしにくいなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

2.すきっ歯になる原因



すきっ歯になる原因としては、生まれつきであったり、生活習慣によるものなど様々な要因が挙げられます。

生えてきた歯が小さい
歯とあごの大きさのバランス
指しゃぶりにより歯に隙間が出来てしまう
頬杖をつく習慣がある

上記がすきっ歯になる原因として挙げられるものですが、生えてきた歯が小さいなど生まれつきによるものだけでなく指しゃぶりなど習慣によって歯に隙間が生じることがあるのです。

3.すきっ歯を治すことはできる?



すでにすきっ歯になってしまっている場合は、自分の力で治すことは難しいでしょう。

自分で直そうとして無理な力が加わることで、歯がぐらついたり、抜けてしまうこともあるので、自分で無理せず歯医者に相談することが大切です。

すきっ歯を治す方法として、次の3つの方法を見ていきましょう!

歯列矯正

ワイヤーを装着したり、透明のマウスピースを装着して歯列矯正を行うことで、歯を動かし隙間を埋めていきます。

歯を動かして隙間を埋めていく方法であり時間はかかりますが、自分の歯を削ることなく治療できることがメリットです。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを貼り付ける治療法です。

矯正治療とは異なり比較的早くすきっ歯を治せることがメリットです。

ただし、自分の歯を削ってしまうことや大きな隙間では対応できないことがデメリットです。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、歯科用のレジンを歯の隙間に埋める方法です。

1日で治療することができるだけでなく、自然でキレイな仕上がりが期待できることが特徴です。

ただし、奥歯や隙間の広い部分には適応できないことがデメリットです。

<まとめ>すきっ歯は歯医者に相談しよう!



すきっ歯は日常生活や生まれつきなどの様々な要因によって起こることがあります。

すきっ歯で悩まれている方は多いですが、治療法がないわけではありません。

ただし、自力で直すことは難しいため、歯医者で治療されることをオススメします。





石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close