石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

虫歯を放置し続けるとどうなる?虫歯の進行について

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

虫歯の自覚があっても「この程度なら大丈夫」と軽い気持ちで放置してしまっている方もいるのではないでしょうか?

一度虫歯になってしまうと、放っておいても自然に治ることはありません。

虫歯を放置することで痛みが強くなったり、最悪の場合は歯を失うことにもつながります。

初期の段階であれば、歯を削らず治療できることもあるため、すぐに治療することが大切です。

今回は、虫歯を放置し続けることのリスクや虫歯の進行について解説していきます。

1.虫歯を放置するとどうなる?



2021年7月納品分①.png

「少しくらいなら大丈夫」そう思って虫歯を放置している方もいるかもしれません。

痛みなどの自覚症状がないから気にしていない方もいると思いますが、虫歯は気づかない間に進行します。

虫歯が原因で歯を失ってしまうだけでなく、全身に影響を及ぼすこともあるため注意が必要なのです。

ここでは、「虫歯を放置するとどうなるのか」について詳しく見ていきましょう。

1-1.虫歯は自然に治らず進行する


虫歯は自然に治らず進行し続けてしまいます。

皮膚にできた切り傷などは自然に傷が塞がり回復していきますが、虫歯は自然治癒できません。

虫歯になりたての初期の段階であれば、ケアによって治ることもありますが、進行した虫歯は自然に治ることはないのです。

放置することで、虫歯菌が生き続け、虫歯を進行させてしまいます。

1-2.放置すると歯を失ってしまう



虫歯は虫歯菌の酸が原因で、歯が溶けてしまう病気です。

治療せずに歯が解けてしまうと最悪の場合、歯を失ってしまいます

歯を失ってしまうと見た目や食事などにも影響が出てしまうため、早期発見と早期治療が大切になります。

2.虫歯の進行度と治療方法



ここでは、虫歯の進行度と治療方法について詳しく見ていきましょう。

【C0】初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っているような状態になります。

この時点ではまだ歯には穴は空いておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

【C1】エナメル質に虫歯ができる

歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます。

痛みの自覚症状はありませんが、冷たいものが沁みるなどの症状を感じることがあります。

【C2】象牙質まで虫歯が進行する

エナメル質の内側にある象牙質と呼ばれる部分まで虫歯が進行した状態です。

冷たいものや甘いものがしみるようになり、時々痛みを感じます。

【C3】歯の神経まで虫歯が進行する

神経まで虫歯が進行すると熱いものがしみたり、何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

【C4】歯全体が虫歯になった状態

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒されてしまった状態です。

神経が死んでいるため痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みがでます。

3.虫歯の進行度によって治療も変わる



初期段階の虫歯であれば、適切なブラッシングやフッ素の塗布で治ることもあります。

しかし、虫歯が悪化した状態になると歯を削ったり、神経を除去したり、被せ物が必要になるなど治療方法も変わってきます。

歯根にまで虫歯が進行してしまっている場合は、抜歯が必要になり、入れ歯やブリッジ、またはインプラントなどで失った歯の機能回復を図る必要があるのです。

初期の段階であれば健康な歯を残せる可能性も高いため、虫歯は放置せず、できるだけすぐに治療しましょう。

<まとめ>虫歯は放置せずすぐに治療することが大切


今回は、虫歯を放置し続けることのリスクや虫歯の進行度について解説しました。

進行した虫歯は放置して自然に治ることはないため、悪化させないためにも適切な治療を受けることが大切です。

最悪の場合、自分の歯を失ってしまうケースもあるので注意が必要です。

健康な歯を維持するためにもかかりつけの歯医者で定期検診を受けましょう。




金沢市 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close