石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

「歯も老化する!?歯の老化を防止するためには? 」

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

毎日の生活の中で「老化」を実感することは少ないかもしれません。

実は、私たちの生活に欠かせない「歯」も、年齢を重ねるごとに老化しているのです。

歯の老化には見た目の変化や様々な症状がありますが、予防することもできます。

今回は、歯の老化と老化を防止するための方法について詳しくお伝えします!

1.年齢を重ねると歯も老化する



「歯が老化する」と聞いて、あまりイメージができない人もいるかもしれません。

顔のシワなどと同様に、私たちの歯も時間の経過とともに老化しているのです。

鏡を見てると「歯の色が前よりも黄色くなった」などの経験をしたことがある方もいるでしょう。

歯の色が黄色に変化するのも、老化の一つだったりするのです。

2.歯が老化すると見られる症状



8月6日納品②.png

歯が老化すると歯の黄ばみなどの症状が見られますが、それ以外に様々な症状があります。

歯が老化すると見られる症状について、詳しく見ていきましょう。

①歯茎が下がる



歯茎も年をとるので、年齢と共に下がったり、痩せたりなどの変化が見られます。

ただし、歯茎が下がる原因は老化によるものだけでなく、歯周病が原因であることが大きいでしょう。

②摩耗(まもう)による知覚過敏


毎日の食事や歯と歯の接触により、歯の表面のエナメル質がすり減ることを、摩耗(まもう)と言います。

摩耗が進行すると、象牙質が露出してしまい、冷たいものがしみるなどの知覚過敏を引き起こしてしまいます。

また、食いしばりや歯軋りなどによっても、同じ症状が見られます。

③歯が黄ばむ



歯の表面のエナメル質が薄くなることで、象牙質が見えることで、歯が黄ばんで見えることがあります。

また、生活週間や着色によって黄ばみが強くなることもあるでしょう。

3.歯の老化を予防するためには?



老化は止められないと思われがちですが、毎日の心がけで予防することも可能です。いわゆる、「歯のアンチエイジング」です。

歯の老化を予防するために出来ることを見ていきましょう。

3-1.お口のケアをしっかり行う



食後や寝る前はしっかり歯磨きをするなど、お口のケアは大切です。

特に30代を過ぎると、唾液の分泌が少なくなるので、虫歯になりやすい環境になるなどの変化があります。

3-2.歯周病を予防する



歯周病はお口の中の感染症ですが、歯周病によって歯の老化が進行するとも言われています。

歯の老化を予防するためにも、歯周病を予防することが必要です。

歯周病予防には、毎日の歯磨きも大切ですが、歯医者で治療や検診を受けるように心がけましょう。

3-3.正しい方法でブラッシングを行う



ブラッシングで力を入れすぎてしまうと、歯茎が下がってしまったり、傷がついてしまう原因となるので、正しい方法でブラッシングを行いましょう。

正しいブラッシングの方法が分からない方は、歯医者でもブラッシング方法の指導を行なっているので、指導を受けることをオススメします。

<まとめ>歯の老化を防止するためには定期検診を受けよう



今回は、歯の老化の原因や予防方法について詳しくお伝えしました。

歯の老化を予防するためには、毎日のケアや心がけが必要になります。

自分だけではケアしきれないこともあるので、かかりつけの歯医者で定期検診を受け、歯の健康を維持しましょう。




金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close