石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

口唇ヘルペスになったら歯医者に行ってもいい?ヘルペスになった時の対処法

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

口唇ヘルペスとは、ウイルスによって起こる感染症のことです。

主に唇などに水ぶくれなどの症状が見られ、1〜2週間ほどでかさぶたになり治癒します。

唇にできることが多いため、歯医者に予約と重なってしまうと受診し良いか迷ってしまいますよね。

今回は、口唇ヘルペスになった時に歯医者を受診する時の対処法について、詳しく解説します。

1.口唇ヘルペスとは?



7月11日納品④.png

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスの感染症であり、唇などの周辺に水ぶくれができる症状が見られます。

ウイルス自体に感染している人は多いと言われており、一度感染すると体内に潜み続けることが特徴です。

ストレスや発熱など身体の免疫力が低下すると症状が出現し、再発しやすいです。

2.口唇ヘルペスの原因



口唇ヘルペスの原因としては、水疱瘡や帯状疱疹ウイルスに感染することによって発症します。

咳やくしゃみなどの飛沫感染や発症部位に触れる接触感染などが挙げられます。

また、すでにウイルスを持っている人の場合は、免疫力の低下などにより再発することもあるでしょう。

3.口唇ヘルペスの症状



口唇ヘルペスの症状としては、下記のようなものが挙げられます。

ピリピリ、チクチクした違和感
痒みやほてり
痛み
水ぶくれ
発熱
あごや耳の周囲のリンパ節の腫れ

初めて感染した人や再発した人で症状の程度が異なることもあります。

4.口唇ヘルペスは感染する?



口唇ヘルペスは感染力も強く、症状が出ている間は他人に感染します。

ウイルスがついたタオルや食器などからも感染するため、共用は避けるようにしましょう。

唇に症状が見られるため、キスなどでも感染するため、注意が必要です。

5.口唇ヘルペスになったら歯医者に行っても良い?


口唇ヘルペスは口元にできる病気なので、歯医者の予約と重なった場合の対応に迷ってしまう方もいるでしょう。

歯医者の予約と口唇ヘルペスが重なってしまった時は、まず電話で相談することをオススメします。

5-1.まずは電話で相談しよう


予約している歯医者に口唇ヘルペスを発症していることを説明し、相談しましょう。

症状が出ている時は、感染の拡大を防ぐためにも、事前に連絡しておくと安心です。

5-2.歯医者でヘルペスの治療が受けられることもある



口唇ヘルペスの治療には、塗り薬などの治療法がありますが、皮膚科もしくは口腔外科で治療が可能です。

相談先の歯医者によっては治療が可能なところもあるので、まずは相談してみましょう!

<まとめ>自己判断せず歯医者に相談しよう



口唇ヘルペスはウイルスの感染力が強く、再発もしやすい病気です。

症状が出ている間は、人に感染してしまう可能性もあるので、タオルの共有はしないなど注意しましょう。

歯医者の予約と口唇ペルペスの症状が重なってしまった場合は、自己判断せず、予約している歯医者に電話して相談することをオススメします。


金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close