石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯の詰め物が取れた時の対処法を解説

こんにちは。金沢市の白根歯科クリニック院長の白根和明です。

虫歯の治療をした後に、歯の詰め物が取れてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?

歯の詰め物が取れた場合は、接着剤などで付けようとせず、出来るだけ早く歯医者を受診することが大切です。

詰め物が取れた状態で放っておくと、虫歯が悪化したりするため、速やかに治療しましょう。

今回は、歯の詰め物が取れた時の対処法について解説します!

1.歯の詰め物が取れる原因とは?



7月16日納品⑤.png

「食事中に詰め物が取れてしまった」などの経験をした人もいるかもしれません。

歯の詰め物が取れてしまう原因には、次のようなものが考えられます。

接着剤や金属の劣化
むし歯
歯ぎしりや噛み合わせ

詰め物を固定している接着剤や金属が劣化することにより、ポロッと取れてしまうこともあります。

また、詰め物やかぶせ物の間から虫歯菌が侵入し、虫歯になり、詰め物が取れてしまうことも。

そして、経年劣化や歯ぎしりなどにより、被せ物が取れてしまうケースも見られます。

2.歯の詰め物が取れてしまったらどうする?



歯の詰め物が取れてしまったら、口から出し、チャック付きのポリ袋などに入れて保存しましょう。

よくティッシュに包んで保管をしている人もいますが、ティッシュはゴミと間違えられて捨てられてしまうこともあるため、中身が見える透明な袋に入れることをオススメします。

取れた詰め物を保管する理由としては、そのまま装着できることもあるので、必ず保管して歯医者に持参してください。

2-1.取れた詰め物は接着剤で付けてもいい?



歯の詰め物が取れてしまった場合、「接着剤で付ければいいのでは?」とお考えの方もいらっしゃいます。

接着剤でつけてしまうと、外して治療をする時が大変になってしまうのでやめましょう。

また、接着剤を付けても一時的な効果であり、すぐに取れてしまうこともあります。

治療が困難になってしまうケースもあるので、接着剤などは使用せず、そのままの状態で受診してください。

3.歯の詰め物が取れた時の治療法


歯の詰め物が取れてしまった時は、原因によって治療法が異なります。

それぞれの対処法について、詳しく見ていきましょう。

3-1.虫歯の場合は虫歯の治療を行う



虫歯が原因で取れてしまった場合は、虫歯の治療を行います。

虫歯の治療が済んでから、再度、詰め物や被せ物をして治療が完了します。

虫歯の状態で放置してしまうと、最悪の場合、抜歯の必要性もあるため早めに治療することをオススメします。

3-2.金属の劣化の場合は、再度型取りを行う



金属が経年劣化してしまっている場合は、再度型取りを行い、新しい被せ物を作ります。

<まとめ>歯の健康を保つために定期検診を受けよう



今回は、歯の詰め物や被せ物が取れてしまった時の対処法についてご紹介しました。

歯の詰め物が取れてしまった時は、透明なポリ袋に入れて保管し、歯医者を受診するようにしましょう。

歯の健康を保つためには、歯医者で定期的検診を受けることが大切です。





金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close