石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

亜鉛は体の中の細胞を生き生きとさせるミネラル

こんにちは。院長の白根です。
該当する症状があれば□にチェックしてみましょう。        
□ 皮膚が乾燥する
□ 風邪をひきやすい
□ アトピー性疾患が気になる
□ 成長期なのに身長が伸びない
□ ケガ、傷の治りが遅い
□ 最近、精力の衰退を感じる
□ 抜け毛が気になる
□ ストレスを多く感じる
□ 食べ物を食べても、味が薄く感じる
□ 加工食品、ファーストフードを食べる
□ 爪が変形したり、割れやすくなった
□ アルコールをよく飲む

いかがでしたか。チェックが多い方は亜鉛が不足している可能性が大です。
亜鉛は老若男女が必要とする重要な栄養素です。
口の中では味覚を正常に保つ役目歯を支える歯槽骨を丈夫に保つ役目唾液を正常に分泌させる役目があります。
体全身では皮膚を守ったり、アレルギーを抑制、成長を促す、やけどや傷の回復を促す、糖尿病を防ぐ、精力増強、脱毛を防ぐ、視覚を正常に保つなどのたくさんの役目があります。
また、授乳中の赤ちゃんには是非、母乳をお勧めします。母乳中の亜鉛含有量は初乳が最も高く、調製粉乳で育った乳児に皮膚障害が発症しやすいという研究結果があり、それは亜鉛が不足しているからではないかといわれています。

亜鉛の1日の摂取基準
乳児0~0.5歳 :2mg
子供1~10歳:4~8mg
成人18歳~:(女性)7mg、(男性)9mg
妊婦・授乳婦:10mg
 〈日本人の食事摂取基準(2005年版)より〉
実際、現代のストレス社会で多くの亜鉛が尿中に排出されることを考えると、健康な状態を保つには上記の基準では十分ではなく、目安として成人女性11mg/日成人男性12mg/日が最低必要とされています。

亜鉛が多く含まれている食材は
生ガキ100gあたり亜鉛含有量は約13.2mg
豚肉レバー100gあたり亜鉛含有量は約6.9mg
ビーフジャーキー100gあたり亜鉛含有量は約8.8mg
あまり食材で亜鉛が含まれているものが少ないのが現状です。そのような場合に高濃度のサプリメントが有効となります。
栄養に気を付けながら毎日の食事をとりつつ、必要なサプリメントを摂取することが健康な身体を維持する上で、とても大切です。
プリザーブドフラワー 写真.jpg


金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close