石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

コーヒーの着色汚れから歯を守るためには?着色の原因や予防方法を解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

普段からコーヒーを飲むことを習慣にしている人も多いのではないでしょうか?

毎日の習慣が「歯の着色汚れ」の原因になっているかもしれません。

歯の黄ばみは日々の心掛けやホワイトニングで改善することが可能です。

この記事では、コーヒーの着色汚れから歯を守るための予防方法について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

1.コーヒーが歯の汚れの原因になるのはなぜ?


2021年3月納品分①.png

コーヒーやワインなどが歯の着色汚れの原因になると聞いたことがある方も多いでしょう。

歯の着色汚れの原因は、コーヒーに含まれる「色素」です。

歯のエナメル質の表面は、ペクリルと呼ばれる薄い膜に覆われており、この膜に食べ物や飲み物の色素が蓄積され、着色汚れになります。

1-1.「ペクリル」の作用



ペクリルには次のような作用もあるのです。

歯の表面のエナメル質を保護する
虫歯によるダメージを「再石灰化」で修復する

歯を保護したり、虫歯によるダメージを修復する「再石灰化」など良い作用もあります。

しかし、ペクリルには細菌や食べかすなどが付着しやすい作用もあり、ステイン(着色汚れ)が蓄積しやすい特徴も。

そのため、コーヒーや紅茶などを飲む習慣がある方は、ステインが蓄積して着色汚れの原因になるのです。

2.自分でコーヒーの着色汚れを落とす方法


「コーヒーによる着色汚れを自分で落とす方法はないか?」と気になった方もいるでしょう。

ここでは、自宅でできる着色汚れの方法についてご紹介します。

1-1.研磨剤入りの歯磨き粉



市販の歯磨き粉の中には、着色汚れを落とす効果が期待できる研磨剤入りの商品もあります。

研磨剤やステイン汚れを取り除く成分が含まれているので、使用することで歯の表面についた汚れを落とすことが出来ます。

ただし、歯の表面の汚れを落とすだけで、歯を元の白さ以上に漂白するホワイトニング効果はありません。

また、研磨剤入りの歯磨き粉は、使いすぎや磨きすぎにより歯の表面を傷つけてしまう可能性もあります。

毎日使うのではなく、汚れが気になった時に使用するようにしましょう。

3.自分で落としきれない汚れは歯医者へ



長年の習慣によって蓄積された着色汚れは、歯磨き粉などのセルフケアだけでは簡単には落とせないこともあります。

また、間違えたセルフケアを続けることで、着色汚れが悪化してしまうことも。

自分でケアできない頑固なステインは、歯医者のケアで落とすこともできるので、セルフケアだけに頼らないことが大切です。

4.コーヒーによる着色汚れを予防する方法


コーヒーを飲む習慣がある方は、日々の心がけで着色汚れを予防することもできます。

歯を磨きすぎない
食後にうがいをする
唾液の分泌を促す

歯の表面に傷がついてしまうと、傷に汚れが入り込み、着色汚れが悪化してしまう原因になります。

適度な力加減で優しくブラッシングをしましょう。

また、食後にうがいをすることで着色汚れの原因を洗い流すことができます。

唾液の分泌を促すことも着色汚れや虫歯予防にもつながります。

唾液には口内の汚れや雑菌を洗い流したり、殺菌する作用があるので、よく噛みながら食べることを心がけましょう。

<まとめ>歯の健康は日々の取り組みが大切


今回は、コーヒーによる歯の着色汚れの原因や予防方法についてご紹介しました。

毎日の習慣が歯の黄ばみや汚れの原因になっていることもあるので、予防することが大切です。

また、セルフケアだけでは落としきれない汚れもあるので、歯医者で適切なケアを受けましょう。

歯の白さや健康を守るためには日々の取り組み定期検診が大切になります。



石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close