石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯ぎしりが与える影響とは?歯ぎしりの原因と対策について

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

歯ぎしりとは、上下の歯を強くこすり合せることによって音を出すことを指します。

一般的に睡眠時や集中しているときなど無意識に行なっている方も少なくありません。

歯ぎしりを重ねることで、歯がすり減ってしまうなどの悪い影響もあるため、予防が必要になります

今回は、歯ぎしりが与える影響や原因、対策について詳しく解説します。

1.歯ぎしりとは?



歯ぎしりとは、上下の歯を強くこすり合わせることによって音が出ることを指します。

別名「ブラキシズム」と呼ばれており、歯が削れて歯周病のリスクが高くなるなどの影響があります。

一般的に睡眠時や集中している時など無意識に行なっている方も多く、歯ぎしりに気付かないこともあるのです。

2.歯ぎしりが与える影響



8月27日納品⑧.png

歯ぎしりが与える影響としては、下記のようなものがあります。

歯がすり減る
歯にヒビが入る
歯周病が悪化する
顎関節症になる
知覚過敏になる

歯ぎしりは歯がすり減ってしまうため、知覚過敏や歯周病の悪化などを招きます。

また、歯だけでなく、顎の関節や神経を圧迫して痛みが出る場合もあります。

歯ぎしりが重症の場合は、歯が割れてしまうこともあるので放置するのは危険です。

3.歯ぎしりの原因



歯ぎしりの原因には様々な要因が考えられます。

ストレス
睡眠障害
噛み合わせ
歯並び
疲労

ストレスなどにより緊張することで力が入り、無意識に歯ぎしりをしてしまっている方もいます。

また、噛み合わせや歯並びの悪さが歯ぎしりの原因になっていることもあります。

4.歯ぎしりのチェック方法


歯ぎしりをしている方の多くは、無意識で自覚がない状態と言われています。

自分自身で歯ぎしりを自覚することは難しいですが、チェックする方法はあります。

例えば、下記のような指摘や症状がある方は、歯ぎしりをしている可能性が高いでしょう。

•歯ぎしりをしていると家族から指摘をされたことがある
•無意識に歯を噛み締めていることがある
•歯の先端がすり減っている
•顎の関節に痛みがあったり音が鳴る
•冷たい水などがしみる
•詰め物が取れる

5.歯ぎしりを防ぐ対策



歯ぎしりを防ぐ方法としては、マウスピースで歯を保護する方法などが挙げられます。

また、寝ている間の歯ぎしりを予防するために、ストレスを貯めない生活を心がけるなど、日常生活の中でも予防を行うことが必要です。

歯医者で歯ぎしりの治療を行う場合は、マウスピースのような器具を使用しますが、健康保険が適用されるので、気になる方は相談されることをオススメします。

<まとめ>歯ぎしりの予防は歯医者に相談しよう



歯ぎしりは大半の方が、寝ている間など無意識の状態で行なっていることも多いです。

自覚する方も少なく、「気がついたら歯がすり減って知覚過敏になっていた」という方も少なくありません。

歯ぎしりを放置してしまうと歯の健康状態の悪化につながるため、早めに予防することが大切です。

歯ぎしりや歯の悩みがあれば、出来るだけ早く歯医者に相談しましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close