石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯を抜けたまま放置するのはキケン!放置による影響とは?

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

治療で歯を抜いた後、そのまま放置してしまっている人も多いのではないでしょうか?

1本くらい歯がなくても大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、歯が1本なくなるだけで、様々な影響を及ぼすのです。

見た目が悪くなるだけでなく、発音ができなくなるなど、日常生活にも影響があるので、出来るだけ早く対処することが必要です。

今回は、歯を抜けたまま放置することによる影響について詳しくお伝えします!

1.歯を抜けたまま放置してしまう人も多い



虫歯の治療で歯を抜くこともありますが、歯が抜けた状態のまま放置してしまう人も多くみられます。

抜けた部分はインプラントなどの治療を行いますが、費用もかかるため、日常生活に支障がないと思い、そのまま生活される方も少なくありません。

一見、歯が抜けても生活には支障がなさそうに思えますよね。

でも、歯が1本でも抜けた状態を放置してしまうと、見た目だけでなく、歯茎が下がるなど様々な影響が見られるのです。

2.歯を抜けたまま放置すると起こる影響



8月20日納品⑥.png

「歯が抜けたままでも生活できている」と思っている方もいるかもしれません。

ここでは、歯を抜けたまま放置すると起こる影響について、詳しくご説明します。

歯が伸びる

歯が抜けると、抜けた部分と咬み合っていた歯が、抜けた部分のスペースに伸びてくるようになります。

骨の中に埋まっていた部分が伸びて出てくるため、伸びてしまうと戻すのが難しい状態になります。

噛み合わせが悪くなる

抜けた歯の本数が多い場合は、噛み合わせのバランスが悪くなります。

噛み合わせが悪くなることにより、顎関節症の原因となるリスクが高くなります。

噛み合わせがズレたまま放置してしまうと、奥歯から崩壊してしまうことにも繋がります。

見た目が悪くなる

歯が抜けてしまうと見た目の面でも影響が出てきます。

特に人前で話をする職業の方は、人の目が気になったりなどの影響があります。

歯茎の位置が下がる

歯を抜くと歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨も無くなります。

歯槽骨がなくなることで、歯茎も下がってしまいます。

歯茎が下がってしまうと、インプラントの埋め込みの治療などが難しくなる場合があります。

うまく発音できなくなる

歯が抜けた部分から息が漏れてしまい、上手く発音ができなくなることがあります。

発音を気にしすぎて他人とのコミュニケーションが取れないことも考えられます。

3.歯を抜いた場合の治療法



歯を抜いた場合、下記の方法での治療が挙げられます。

インプラント
ブリッジ
部分入れ歯

これらの治療法は、歯茎の状態や周囲の歯の状態によっても左右されるため、歯医者で相談されることをオススメします。

<まとめ>歯を抜いた場合は放置せず治療を行うことが大切


歯を抜いた後に放置をしてしまうと、噛み合わせだけでなく歯茎が下がってしまうなどの影響が見られます。

放置してしまった後の治療は困難になるケースもあるので、歯を抜いた後は早く次の治療に取りかかることが大切です。

歯の健康を守るためにも、最後までしっかり治療に取り組むようにしましょう。




金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close