石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

風邪で咳が出ている時は歯医者は控えるべき?

こんにちは。金沢市の白根歯科クリニック院長の白根和明です。

「歯医者の予約をしていたのに、風邪を引いてしまった」なんて経験がある方もいるのでではないでしょうか?

風邪で咳や鼻水が出てしまっている時は、歯医者を受診して良いか迷いますよね。

痛みなどの症状がなければ、風邪が完治してから受診されることをオススメします。

今回は、風邪の時の歯医者への受診の対処法について詳しくお伝えします!

1.風邪で咳が出ている時は歯医者は控えるべき?



6月27日納品⑧.png

風邪で咳が出てしまっている時は、歯医者の受診を控えましょう。

咳だけでなく、熱や鼻水など辛い症状がある時は、治療しにくいこともあるので、まずは体調を治すことを優先してください

咳が出てしまっている時は、口を開けた状態で治療をするのが辛い場合もあるため、我慢されない方が良いでしょう。

1-1.免疫力が落ちて細菌に感染しやすい状態



風邪を引いているということは、ウイルスや細菌などに感染している状態です。

免疫力が落ちてしまっている状態で歯を削ったりなどの治療を受けると、削った部分から細菌に感染してしまう可能性もあります。

免疫力が落ちてしまっている時は、他の感染症にもかかりやすくなってしまうため、完全に治ってから治療するようにしましょう。

2.痛みが強いなど緊急の場合は治療した方が良い


風邪を引いている時でも、「痛みが強い」「腫れがひどい」などの場合は、虫歯菌などが顎の骨や血管などで炎症を起こしている場合があるので、治療をした方が良いです。

放置してしまうと悪化して重大な病気に繋がってしまうこともあるので、受診しましょう。

2-1.判断が難しい場合は電話で相談しよう



「風邪を引いているけど受診すべきか判断が出来ない」という場合は、かかりつけの歯医者に電話で相談することをオススメします。

風邪の治療で病院を受診している場合は、処方されている薬についてもお聞きする場合があるので、処方箋を手元に置いて電話されるとスムーズです。

また、受診される際も内服している薬などがあれば、持参をお願いいたします。

3.風邪を引くと歯が痛くなる理由



風邪を引くと歯が痛くなる経験をした人もいるかもしれません。

鼻が詰まるなどの副鼻腔炎の場合、鼻の中の炎症が奥歯の神経に伝わり、歯が痛くなることもあります。

副鼻腔炎が原因の場合は、副鼻腔炎の症状が治まると痛みも自然になくなることが多いです。

<まとめ>風邪が完治してから歯医者へ


風邪を引いて咳や鼻水がひどい場合は、無理をせず、まずは自分の体調を治してください。

歯の痛みが強い、大きく腫れているなどの場合は、風邪であっても治療をした方が良いケースがあるため、かかりつけの歯医者に電話で相談されることをオススメします。

体調管理も大切ですが、定期的に歯科検診を受診して歯の健康を守りましょう。






金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close