石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯茎を押すと痛い!歯茎の痛みの原因と対処法

こんにちは。石川県金沢市の白根歯科クリニック院長の白根です。

歯茎を押すと痛みがある場合は、歯の根の部分に問題が起こっている可能性があります。

痛みの原因は、歯の根が感染を起こしていることなどが考えられます。

放っておくと悪化してしまうこともあるため、痛みを感じたら早めに受診することが大切です。

今回は、押すと痛い歯茎の痛みの原因と対処法について解説します!

1.歯茎を押すと痛い!のはなぜ?



「歯茎や歯の付け根を押すと痛い」という経験をされた方もいるのではないでしょうか?

歯茎や歯の付け根の痛みの原因は、歯茎と歯の根にあることが考えられます。

5月14日納品④.png

1-1.歯茎や歯の根に原因がある可能性が考えられる


歯の根っこは歯槽骨と呼ばれる部分と繋がっています。

歯槽骨の上に歯肉が被さっている状態であり、歯肉はやわらかい組織です。

歯の根の部分の歯茎が痛む場合は、歯根と呼ばれる歯の根に問題が起きていることが考えられます。

具体的な歯茎の痛みの原因については、次の項目でご説明します。

2.歯茎の痛みの原因



歯茎が痛む原因としては、感染による炎症や外傷など、様々な要因が考えられます。

2-1.歯根膜が炎症を起こしている



歯の根には歯根膜と呼ばれる組織があり、細菌などに感染し炎症を起こすことで、痛みの原因になっていると考えられます。

歯根膜が感染を起こすと、顎の骨にも炎症が広がり、痛みが強くなったり歯がグラつくなどの症状が見られるようになります。

2-2.歯の根が割れている


虫歯の治療などで神経を抜いているような場合は、強度が劣化することにより、知らない間に歯の根が割れていることがあります。

歯の根が割れている場合は、痛みを生じることがあります。

2-3.歯根嚢胞ができている



歯の根から顎の骨にまで炎症が広がると、根の先の部分に膿が溜まった袋のようなものができます。

これを「歯根嚢胞(しこんのうほう)」と呼び、感染を起こすと歯茎が腫れたり、痛みの原因になることがあります。

歯茎に吹き出物のようなものができ、膿が出てくることもあり、強い口臭の原因にもなります。

2-4.その他の原因



上記に挙げた感染による炎症だけでなく、外力によって炎症を起こすことがあります。

例えば、歯を強く打った場合や瓶のフタなどを歯で無理やり開けようとした場合など、外力により歯根膜が炎症を起こし、痛みを生じるのです。

しばらく安静にしておくことで痛みが治ることがほとんどですが、最悪の場合は抜歯などのケースも考えられます。

3.歯茎を押すと痛いときの治療法は?



歯茎を押すと痛い症状は、歯の根の部分や歯茎に原因があることが考えられます。

歯の根に原因がある場合は、感染している部分を綺麗にする根管治療などを行います。

歯の根の治療が難しい場合は、抜歯になることもあるため、症状がある場合は早めに受診して対処するようにしましょう。

<まとめ>歯茎に痛みを感じたら歯医者を受診しよう



押すと歯茎に痛みがある場合は、歯の根に原因があることが考えられます。

歯の根の部分はレントゲンを撮影しないと分からないため、見た目だけでは判断できません。

歯茎が痛むなどの症状がある場合は、早めに歯医者を受診されることが大切です。




金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close