石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯をアロンアルファでくっつけるのはNG!症状が悪化してしまう可能性も!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

詰め物や銀歯が外れてしまい「歯医者に行けないから」という理由で、自分でアロンアルファなどの接着剤を使われる方もいます。

詰め物などの接着にも使えそうなアロンアルファですが、自分で接着剤で歯をつけるのは絶対にNGです。

接着剤を使用することで、虫歯が悪化したり健康な部分の歯を削る処置が必要になるため、今後の歯の状態に悪影響を及ぼすことも考えられます。

今回は、歯をアロンアルファなどの接着剤でくっつけるのがNGな理由や健康被害の可能性についても詳しく解説していきます。

1.取れた銀歯や歯はアロンアルファで接着できる?



2021年3月納品分②.png


「取れた詰め物や銀歯は、アロンアルファなどを使えばで自分で接着できるのでは?」と考えたことがある方もいるかもしれません。

アロンアルファなどの接着剤は歯科用に作られたものではないため、接着できても健康被害をもたらす可能性があります。

1-1.自分で接着剤を使って接着するのはNG



詰め物や銀歯が取れた場合は、自分で接着剤を使って接着することはNGです。

取れた詰め物や銀歯を持って、すぐに歯医者を受診してください。

1-2.取り外せなくなる場合もある



自分で接着剤を使って接着してしまうと、引っ付けた歯を取り外せなくなる場合もあります。

最悪の場合、引っ付けた歯の周りの歯を削らなければならないことも。

また、歯についた接着剤を取り外すのは、かなり困難で時間もかかります。

2.歯をアロンアルファで接着するのがNGな理由



取れた詰め物や銀歯をアロンアルファで接着するのがNGな理由は、「歯科用の接着剤ではないから」だけではありません。

市販の接着剤には殺菌作用がないため虫歯が悪化してしまうことも考えられるのです。

2-1.殺菌作用がないため虫歯が悪化する可能性がある



歯医者では、取れた詰め物や銀歯を装着する時には歯の表面を綺麗にして、雑菌などがない状態にして装着します。

菌が着いたまま装着してしまうと接着部分から虫歯になったり、歯茎が腫れてしまう可能性もあります。

虫歯が悪化してしまうと歯の状態が悪くなってしまうため、痛みが出たり、最悪の場合は抜歯の必要も出てくるでしょう。

2-2.差し歯や歯茎に接着剤が残り炎症を起こす可能性がある


歯や歯茎についた接着剤を綺麗に取り除くことが困難です。

無理に接着剤を剥がそうとすると歯茎や歯を痛めてしまったり、隣の歯に残った接着剤から虫歯になりやすくなってしまうことも。

接着剤が原因で歯や歯茎に炎症が起こる可能性があるのです。

2-3.噛み合わせが合わず食事に悪影響をもたらすことがある



自分で装着した場合、噛み合わせが合わないこともあります。

噛み合わせが合わない状態が続くと、食べ物が噛めなかったり、食事にも悪影響をもたらす事が考えられます。

3.詰め物や銀歯が外れたらそのまま付け直すこともできる



詰め物や差し歯、銀歯が外れた場合、歯が虫歯になっていなければ、基本的にそのまま付け直すことが可能です。

ただし、自分でアロンアルファなどの接着剤を使用した場合は、歯を付け直すために、健康な部分の歯まで削らなければならなくなってしまいます。

<まとめ>詰め物や銀歯が外れたら自分で接着せずにすぐに歯医者へ



詰め物や銀歯が外れてしまいすぐに歯医者に行けない状況でも、接着剤を使用するのはNGです。

アロンアルファなどの瞬間接着剤を使えば解決しそうですが、虫歯が悪化したり、歯や歯茎に炎症を起こしたり、健康な歯を削らなければならなくなってしまいます。

詰め物や差し歯などが外れたら、自分で対処しようとせず、すぐに歯医者で治療してもらいましょう。


金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

back to top

phone hours menu

close