石川県金沢市「白根歯科クリニック」公式ブログ

TEL:076-208-4618 contact form 診療時間

歯がボロボロになった口腔崩壊(こうくうほうかい)とは?原因について解説!

こんにちは。白根歯科クリニックの白根です。

10本以上の虫歯があったり、治療していない歯が何本もある状態を「口腔崩壊」と言います。

もしかしたら、仕事が忙しいことを言い訳に受診せず、虫歯や歯周病を放置している方もいるかもしれません。

実は、口腔崩壊は子どもではなく、20代以降の大人に深刻に見られる状態なのです。

今回は、歯がボロボロになった口腔崩壊(こうくうほうかい)の原因について詳しく解説します。

1.若い人に増えている「口腔崩壊(こうくうほうかい)」とは



2020年11月納品分①.png

口腔崩壊(こうくうほうかい)とは、虫歯が10本以上あったり、歯の根しか残っていない、治療をしていない歯が何本もある状態のことを指します。

虫歯や歯周病を治療せず放置することで、歯が抜けたり、食べ物が食べにくくなるなど様々な症状を引き起こします。

1-1.20代以降はハイリスクになる


2016年に発表された厚生労働省のデータによると、虫歯を持つ人の割合の年次推移の結果は下記の通りです。

•10〜14歳:19.7%
•15〜19歳:47.1%
•20〜24歳:78.6%
•25〜34歳:90.2%
•35〜44歳:99.3%
•45〜54歳:99.5%

15歳以降になると学校の歯科検診がなくなるので、一気に虫歯の人が増えていることが分かります。

そして、20歳以降は70%以上に増加し、25歳以降は90%以上に増加。

20代以降は虫歯のリスクが高く、20代で口腔崩壊してしまう方も少なくありません。

20代以降の若年層の口腔崩壊リスクが上昇する理由としては、仕事が忙しいなどの理由で受診率が下がってしまうことも考えられます。

2.口腔崩壊の原因は経済的な理由も多い


先ほどは20代以降の口腔崩壊の原因について触れましたが、実は、経済的な理由も多いのです。

仕事が忙しくなり、受診する時間が作れないなどの理由以外に、歯医者に行くお金がなく、歯がボロボロになってしまい口腔崩壊を起こしてしまう方も少なくありません。

2-1.仕事が忙しくて受診や治療ができない



20代になると学生を卒業して、企業に就職して働く方が多いでしょう。

学生時代とは異なり、朝から夜まで働きっぱなしの日々が続き、生活習慣が乱れ、虫歯になっていることにも気づかない方も少なくありません。

虫歯の自覚があっても受診する時間がなく、そのまま放置してしまい口腔崩壊を引き起こすパターンもあるのです。

仕事に打ち込む姿勢は素晴らしいですが、健康を損なってしまっては元も子もありません。

2-2.経済的に治療費がなくて受診できない


持病があり就職できずアルバイト生活を続けている方や親の介護によって安定した収入を得られない方など、様々な事情の方がいます。

治療の必要性を理解していても経済的に厳しく治療できず、口腔崩壊してしまうケースも少なくありません。

そのまま放置してしまい、虫歯が進行して歯は抜け落ち、噛むことができず食事に支障をきたすこともあります。


2-3.大人だけでなく子どもの口腔崩壊も起きてる


ここまで20代以降の口腔崩壊について解説してきましたが、実は大人だけではありません。

子どもの口腔崩壊も深刻な問題になっており、その原因は「ネグレクト」や「貧困」です。

保護者が歯科受診を受けさせない、治療するお金がないなどの理由により、子どもの口腔崩壊も起きているのです。

<まとめ>20代以降は定期的に歯科検診を受けよう


今回は、歯がボロボロになる口腔崩壊について解説しました。

20代以降は虫歯の割合も高くなっているので、口腔崩壊のリスクも上昇します。

仕事やライフスタイルの変化により虫歯や歯周病を引き起こすリスクも上がるので、定期的に歯科受診されることがおすすめです。

参考データ:(平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要 - 厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/62-28-02.pdf





金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯の磨きすぎは逆効果!注意したいオーバーブラッシングについて

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

歯を磨いていたら歯茎から出血した」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

歯を強く磨きすぎると歯茎が傷ついて出血してしまうこともあります。

また、歯ブラシで強く磨くことで歯茎に傷がつき、感染を起こしやすくなってしまう副作用もあるのです。

今回は、歯の磨きすぎであるオーバーブラッシングによって起こる症状について解説します。

1.オーバーブラッシングとは?



2020年10月分納品②(ダウンロードイラスト).png

オーバーブラッシングとは、歯磨きの時に力を入れすぎて磨くことです。

虫歯予防のために一生懸命歯磨きを頑張っている方もいると思いますが、力の入れすぎによって逆効果になることもあるのです。

強く磨けば綺麗になると思われがちですが、綺麗になるどころか悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

1-1.歯を強く磨くと歯に悪影響を及ぼす可能性がある



歯を力強く磨くことにより、歯茎が傷付いて出血することもあります。

また、歯の表面を覆っているエナメル質がすり減ってしまい、象牙質が露出して知覚過敏になりやすくなることも。

虫歯予防のために一生懸命に磨いているつもりでも、知らない間に虫歯になりやすい環境を作ってしまっているのです。

2.歯を磨きすぎることで起こる症状



ここでは、歯の磨きすぎによって起こる症状について詳しく見ていきましょう。

2-1.歯茎に傷がついて痛くなる



歯ブラシで力を入れすぎて磨くことで歯茎に傷がついてしまいます。

歯茎が傷つくと痛みが生じたり、傷口から細菌が入り込み口内炎などの炎症を引き起こす原因になることも。

2-2.歯茎が後退して歯の根が出る



力を入れすぎて歯磨きをすることで、歯茎が後退して歯の根の部分が露出してしまう場合があります。

歯根は硬いエナメル質で覆われている歯とは異なり、柔らかいセメント質でできているので刺激に弱くすり減りやすくなっているのです。

歯根が見えかけている状態になると、冷たい水や食品を食べた時に歯がしみて痛みを感じる「知覚過敏」の症状が現れることもあります。

2-3.歯茎から出血する



強く磨きすぎることで歯茎から出血してしまうこともあります。

ただし、歯茎からの出血で考えられるのは、強く磨きすぎる以外に歯周病などの別の原因もあるのです。

健康な歯茎は強く磨いただけで出血することはないので、出血があった場合は歯茎に異常が発生している可能性が高いでしょう。

歯茎からの出血が続く場合は歯周病の可能性が高いので、早急に対応する必要があります。

3.歯の磨きすぎで痛み出た時は?



歯を強く磨きすぎて痛みが出た場合は、すぐに歯医者を受診しましょう。

すぐに受診できない場合は痛みを我慢せず、市販の鎮痛薬を内服して対応してください。

歯茎の痛みを放置することで炎症が悪化してしまう可能性があるので、痛みを感じたら早く歯医者を受診してください。

4.歯茎を傷つけない正しい歯磨きの方法



歯茎を傷つけない歯磨きケアを行うためには、毛先の柔らかい歯ブラシを使うことがポイントです。

毛先の硬い歯ブラシで強く磨きすぎると歯と歯茎を傷つけてしまう可能性が高くなります。

また、歯磨きの頻度は最低1日2回であり、何度も磨けば良いというわけではありません。

正しい方法で磨かなければ虫歯予防にはつながりません。

そして、ブラッシングする時は力を入れすぎず、優しく磨くようにしてください。

<まとめ>歯の健康をキープするためには定期検診が大切


今回は、歯の磨きすぎであるオーバーブラッシングによる影響について解説しました。

間違った磨き方を続けてしまうと、虫歯ができやすい環境を作ってしまうこともあるので、虫歯を予防するためにも正しいブラッシング方法を身につけ、歯の健康を維持しましょう。

歯の健康をキープするためには、定期検診を受診して歯の状態を知ることが大切です。




石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

歯を強くする食べ物と栄養素を解説!子供の虫歯予防にも!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

虫歯にも強い丈夫な歯を作るためには、カルシウムなどの栄養素をバランス良く摂ることが大切です。

特にカルシウムは、歯の原料となる栄養素なので子供の歯の状態から摂取することが重要になります。

逆に大人の歯はカルシウムを摂取しても劇的に強くなるわけではないので、栄養バランスを考えた食事と定期検診が強い歯を維持するために必要です。

今回は、子供の虫歯予防にもつながる歯を強くする食べ物と栄養素について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.食べ物で歯を強くすることはできる?


2020年10月納品分①.png

虫歯になりにくい歯のことを「強い歯」と認識している方も多いでしょう。歯は筋肉のように鍛えて強くすることはできません。

歯を強くするためには、歯の石灰化を促すカルシウムやエナメル質や象牙質の土台となるビタミン、歯の構成に不可欠なタンパク質など豊富な食材を摂取することが必要になります。

1-1.カルシウムを摂取することが大切



カルシウムは歯の石灰化を促す栄養素であり、歯の成長には欠かせないもの。

血液中のカルシウム濃度は一定に保たれており、不足状態が続くと骨や歯からカルシウムが溶け出し、歯の質の低下や骨折しやすい状態になったりします。

また、子供の乳歯から永久歯が生えそろうまでの間にカルシウムをしっかり摂取することで、強い歯を作ることが可能です。

カルシウムは慢性的に不足気味なので、妊娠期や乳歯が生える乳幼児、永久歯の生えそろう前の時期の子供は特に摂取を心がけておきましょう。

1-2.大人の歯と子供の歯の違い



子供の歯は成長段階にあるので、乳歯から永久歯が生えそろう間にカルシウムを摂取することで強い永久歯を作ることができます。

すでに生えている大人の歯の場合は、子供の歯のようにカルシウムをたくさん摂取しても劇的に歯を強くすることはできないのです。

大人の場合は、歯の表面から直接カルシウムを取り込む再石灰化によって歯を強くすることができます。

また、歯からカルシウムが溶け出す脱灰を食い止めることが歯を丈夫にすることにつながるのです。

大人の歯の場合は、カルシウムを含む栄養バランスの良い食事とフッ素などを摂取することで歯を強くする効果を上げることができます。

2.歯を強くする食べ物と栄養素


歯を強くする食べ物と栄養素には、カルシウム以外にタンパク質やビタミンなどが挙げられます。

2-1.カルシウム



歯の原料となるカルシウムは、牛乳や乳製品、小魚、桜えび、大豆、ひじきなどに多く含まれています。

2-2.リン



再石灰化を助けるリンは、お米や豚肉、牛肉に多く含まれています。

2-3.タンパク質


歯の土台である歯肉を作るために必要なタンパク質は、卵や魚、乳製品、大豆に多く含まれています。

2-4.マグネシウム


歯を支える骨の成分として重要なマグネシウムは、大豆やアーモンド、海藻類、玄米などに多く含まれています。

2-5.ビタミン類



ビタミンD
カルシウムの吸収を高めるビタミンDは、キノコ類、イワシ、サンマに多く含まれています。

ビタミンA
ビタミンAはエナメル質を作る必要な栄養素であり、人参、かぼちゃ、レバー、ほうれん草に多く含まれています。

ビタミンC
象牙質を作るビタミンCは、みかん、サツマイモ、ピーマンに多く含まれています。

3.大人も子供もバランス良い食事を取ることが大切



歯を強くするためには、大人も子供もバランスの良い食事を取ることが大切です。

上記以外にもごぼうやレタスなどに含まれる食物繊維は、噛むときに歯の表面をキレイにしてくれる清掃性食品と呼ばれています。

ただし、カルシウムなどの栄養素を摂っていれば「虫歯にならない」というわけではありません。

<まとめ>定期検診で強い歯を維持しよう



今回は、歯を強くする食べ物や栄養素について解説しましたが、食べ物だけで虫歯を予防することはできません。

虫歯予防の基本は歯磨きなので、食後の歯磨きを行い、定期検診で歯の健康を維持しましょう!

大人の歯の健康を守るためには、フッ素を塗布してカルシウムが溶け出すのを防ぐことも効果的です。

虫歯になってからでは遅いので、定期検診に行って予防に努めましょう。




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

「歯磨きは朝だけでOK?歯周病や虫歯を防ぐ歯磨き習慣を解説!」

こんにちは。金沢市の白根歯科クリニック院長の白根です。

毎日の習慣の一つである「歯磨き」ですが、実は朝起きてすぐの歯磨きが一番重要って知っていましたか?

歯磨きのタイミングまでは気にしていない方も多いかもしれません。

朝食後よりも起床してすぐの方がお口のトラブル予防になるんです。

今回は、歯周病や虫歯を防ぐ歯磨き習慣について詳しく解説します!

1.歯磨きは朝だけでOK?



12月26日納品④.png

「毎日の歯磨きは朝だけしかしない」という人もいるかもしれません。

特に忙しい社会人は朝と夜だけしか歯磨きをしない習慣の方も多いでしょう。

朝歯磨きをする習慣がある方は、タイミングを意識してみてください。

1-1.朝食後よりも起きてすぐがオススメ!



朝食後に歯磨きをする方も多いと思いますが、朝の歯磨きが効果的なのは、実は「起きてすぐ」なんです。

起床後すぐの歯磨きがオススメの理由については、次の項目で詳しく説明しますね!

今まで朝食を食べた後に歯磨きをしていた人は、明日から起床後すぐに歯磨きをするようにしてみてください。

2.朝は起床後すぐの歯磨きがオススメの理由



寝起きすぐは口臭やお口のネバネバが気になる方も多いかもしれません。

そのネバネバはお口の細菌が原因で引き起こされているんです。

まずは、お口の中で増えた細菌をキレイにしてから朝食を摂ることがオススメです。

2-1.寝ている間に口の中の細菌が繁殖している



睡眠時はお口の唾液の分泌量が減り、細菌や雑菌が繁殖しやすい環境になります。

起床後の口臭が気になるのは、寝ている間に増えた細菌や雑菌のせい。

予想以上に寝起きのお口の中は汚れているのです。


2-2.歯磨きをしてから朝ご飯を食べよう



起きて歯磨きをせず、そのまま朝食を摂ってしまうと、寝ている間に増えた細菌まで身体の中に入り込んでしまいます。

朝食を摂る前に、まずは歯磨きやうがいを済ませることが大切です。

3.歯のトラブルを防ぐ歯磨き習慣



歯磨きの習慣は朝だけという人も多いかもしれません。

虫歯や歯周病を予防するためには、正しい歯磨き習慣を身に付けることが大切です。

大人の虫歯や歯周病などは自覚症状が乏しく、進行してから気づくことも珍しくありません。

3-1.夜寝る前の歯磨きは丁寧に



虫歯や歯周病の原因になる雑菌や細菌は、寝ている間に増殖します。

寝る前の歯磨きは1日の中でも特に丁寧に行うよう心がけましょう。

歯磨きをした後に炭酸飲料やお菓子などを食べるのはNG。

また、虫歯や歯周病を予防するために、歯ブラシだけでなくデンタルフロスなども併用するとより効果的です。

3-2.朝起きたらすぐ歯磨きをする



先ほどから何度もお伝えしていますが、朝の歯磨きは起きてすぐ!

朝食を食べる前に、寝ている間に増えた細菌を除去することがポイントです。

もちろん、エチケットとして朝食後の歯磨きも忘れずに!


<まとめ>定期検診で歯の健康を守ろう



今回は、歯周病や虫歯を防ぐ歯磨き習慣について解説しました。

「忙しくて朝しか歯磨きをしない」という人は、寝る前の歯磨きをしっかり習慣づけましょう。

また、朝は朝食後に歯磨きをする方は、起床後すぐに歯を磨くこと心がけてみてください。

お口のトラブルは日頃の習慣が大切ですが、歯の健康を守るためには定期検診も受けてくださいね!



金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

つまようじは歯に悪い?デメリットや注意点を解説!

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

食後に「つまようじで歯に詰まった食べカスを取る」習慣がある方もいるかもしれません。

見ている側としてはあまり気持ちの良いものではありませんが、歯間の汚れを除去することで虫歯予防にも有効と言われています。

しかし、つまようじによって歯茎を傷つけてしまう可能性もあるため、使い方には注意が必要です。

今回は、食後のつまようじのデメリットや注意点について詳しくお伝えします。

1.つまようじは歯に悪い?


12月19日納品③.png


歯に詰まった食べカスを取るために、つまようじを使用する人も多いでしょう。

歯間の食べカスを除去することで虫歯予防になるなどの声もあります。

しかし、一方ではつまようじを使うことで歯が悪くなるなどの意見も見られます。

1-1.虫歯や歯周病予防になるとの声もある



外食が多いサラリーマンの中には、「ランチ後は歯を磨かない」という人も多いでしょう。

食事後の食べカスは約8時間ほどでプラークとなり、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

食べカスを放置するよりは、つまようじで歯間のゴミを除去してあげることで虫歯や歯周病の予防につながるとも言われているのです。

2.つまようじを使うデメリットと注意点



先ほどは、食後のつまようじが虫歯や歯周病予防につながるとお伝えしましたが、デメリットもあります。

ここでは、つまようじのデメリットと注意点について見てきましょう。

2-1.歯間が広がりやすい



無理やり歯間につまようじを入れて除去してしまうと、歯茎が下がり、歯間が広くなってしまいます。

一度下がった歯茎は元に戻すことは難しいため、歯間の広がりに注意が必要です。

つまようじが入らない部分に無理やり入れ込むことはNG。

無理のない程度に使用しましょう。

2-2.歯茎を傷つけてしまう



つまようじの先端が歯茎に当たり、歯茎を傷つけてしまうことがあります。

歯茎はデリケートな部分でもあるので、傷つけないように注意しましょう。

3.食べ物の詰まりはデンタルフロスを使おう



歯の間の食べカスはつまようじで取る人も多いですが、歯間の汚れはデンタルフロスを使うことをオススメします。

または、歯間ブラシなどデンタルグッズを活用することで、歯と歯茎を傷つけずにお手入れが可能です。

デンタルフロスや歯間ブラシの使い方などは、かかりつけの歯医者で指導してもらえるので、気軽に聞いてみましょう。

<まとめ>歯医者で定期検診を受けよう



今回は、食後のつまようじの使用のデメリットや注意点についてお伝えしました。

つまようじは使用方法によっては歯茎にダメージを与えてしまうこともあるため、注意が必要です。

知らない間に歯茎を傷つけてしまっていることも…。

歯茎や歯の健康を守るために、歯医者で定期検診を受けることをおすすめします。
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

膿栓が口臭を引き起こす!?膿栓は歯医者で取れるのか?

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

口の中の臭い玉が気になると言う人もいるかもしれません。

臭い玉は膿栓(のうせん)と呼ばれるものであり、強烈な臭いが特徴です。

実は、強烈な臭いを放つ膿栓ですが、口臭を引き起こす原因の一つとも言われています。

今回は、膿栓が口臭を引き起こす原因や歯医者で取れるのかなどについて解説していきます!

1.膿栓(のうせん)とは?



12月12日納品②.png

膿栓は臭い玉とも呼ばれていますが、喉の奥にできる白い塊のことです。

通常は1mm程度の大きさですが、大きいものでは5mmくらいになることも。

くしゃみなどをしたタイミングで口から飛び出すこともあり、下水のような強烈な臭いが特徴です。

一度は臭い玉を嗅いだ経験があると言う人も多いかもしれません。

1-1.膿栓が溜まりやすい場所


膿栓は、喉の奥にある扁桃腺と呼ばれる場所に溜まります。

扁桃腺の表面には小さな窪みがあり、細菌やウイルスを退治してくれる器官でもあり、ここに膿栓が溜まってくるのです。

2.膿栓が溜まってしまう原因



膿栓が溜まってしまう原因としては、下記の通りです。

扁桃腺の炎症
口呼吸
ドライマウス

膿栓は扁桃腺に溜まりやすいため、扁桃腺が炎症を起こすと臭い玉も多くなります。

また、口呼吸をしていると直接細菌が侵入しやすくなってしまうため、膿栓が溜まりやすい状態になります。

口呼吸により唾液の分泌量が少なくドライマウスになると、膿栓が溜まりやすい要因の一つにもなるのです。

3.膿栓は自分で取れる?



喉の奥に詰まった膿栓ですが、「自分で取りたい」と思う人もいるかもしれません。

膿栓は自分で取ることはオススメしません。

綿棒などで除去する方法が載っていることもありますが、扁桃腺を傷つける可能性もあるのでやめた方が良いでしょう。

見えている膿栓を除去しても根本的な解決にはなりません。

4.膿栓を改善するためには?


膿栓を改善するための方法としては、次の方法が挙げられます。

鼻呼吸を心がける
鼻うがいをする
扁桃腺の切除手術をする

先ほどもお伝えした通り、口呼吸や扁桃腺の炎症が膿栓を増やす原因になります。

膿栓を改善するための方法として、風邪を予防することや鼻呼吸を心がけましょう。

また、根本的な解決法として扁桃腺の切除手術も挙げられます。

ただし、扁桃腺の切除手術をしても膿栓が完治しなかったとの例もあるので、まずは歯医者に相談することをオススメします。

<まとめ>膿栓は歯医者に相談しよう



口臭の原因にもなる膿栓ですが、見えているからと言って自分で除去するのは危険です。

喉や扁桃腺を傷つけてしまう可能性もあるため、まずは歯医者に相談しましょう。



石川県金沢市の歯医者、白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

石川県金沢の歯医者「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢市にある「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

口臭の原因は胃腸にアリ!?口臭と胃腸の関係について

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根です。

普段から「口臭ケアは念入りにやっている」という人も多いと思いますが、やっぱり気になりますよね。

自分でケアをしても改善されない場合は、口のトラブルや胃腸などが原因になっているかもしれません。

今回は、口臭と胃腸の関係について詳しく解説します!

1.口臭が発生するのはなぜ?



お口から発生する口臭ですが、しっかりケアしていても気になる時もありますよね。

実は、口臭は誰にでもあり、生理的口臭と呼ばれています。

誰もが持っている口臭ですが、ニオイが強くなることで不快感を与えてしまうなどの問題になるのです。

1-1.8割は口の中が原因



口臭の原因の約8割は、口の中が原因と言われています。

口臭の原因となる主な要因は下記のとおりです。

歯周病
虫歯
歯垢
舌苔(ぜったい)
口腔ガン

特に虫歯や歯周病は気がつかない間に進行してしまっていることもあるため、注意が必要です。

歯周病は悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物を産生するので、卵が腐った臭いや生ゴミ、生臭いなどの不快と言われるニオイの元にもなります。

1-2.胃腸が原因で発生する場合もある



12月5日納品①.png

残りの2割ほどは、胃腸や肝臓、糖尿病など身体の内部が原因で口臭が発生すると言われています。

胃腸などが原因で口臭が発生している場合は、胃腸の治療を行うことが必要になります。


2.胃腸が原因で発生する口臭とは?



胃腸が原因で発生する口臭には、消化不良や肝機能低下など様々な要因が考えられます。

ただし、胃腸などが原因で発生する口臭の場合、病状が進行した状態であることが考えられます。

日常生活上で起こる胃腸障害などによって口臭が発生する可能性は、比較的低いと考えて良いでしょう。

2-1.消化不良や肝機能低下で発生する



消化不良によって食べ物が発酵し、ニオイの元となる物質が肺に送られ、吐く息として口臭を感じることがあります。

胃炎や十二指腸潰瘍、胃潰瘍などの場合は、腐った卵のニオイなどの独特な口臭が特徴です。

肝機能低下や慢性肝炎などの場合は、カビ臭のような口臭を感じることがあります。

肝臓で分解される物質が分解されなくなり、口臭として感じることがあるのです。

<まとめ>口臭を改善するためには原因を知ることが大切



口臭の原因の多くは口の中にありますが、口以外の場所から発生することもあります。

口臭を改善するためには、口臭の原因を知ることが大切になります。

まずは歯医者で検診を受け、お口の中の環境を把握し、セルフケアを続けることが重要。

市販の口臭ケアアイテムは根本的な口臭改善にはつながりません。

口臭を改善することで、人前に出ることや自分の気持ちにも前向きになれますよ!




金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

タバコが原因で口内炎になるってホント?ニコチン性口内炎について

こんにちは。金沢市で開業している、白根歯科クリニック院長の白根和明です。

口の中にできた口内炎、「ストレスや栄養不足」で片付けてしまっていませんか?

実は、口内炎の中にもタバコが原因で起こるものもあるのです。

ニコチン性口内炎は自覚症状が乏しく、放っておくとガン化してしまうことも……。

今回は、タバコが原因で起こるニコチン性口内炎について詳しくお伝えします!

1.ニコチン性口内炎とは?



11月28日納品④.png

ニコチン性口内炎とは、タバコによって引き起こされる口内炎のことです。

慢性的な喫煙習慣がある方は、ニコチン性口内炎になりやすいため注意が必要です。

また、あまり痛みを生じることがないので、自覚症状が乏しいことも特徴。

放っておくと口内炎がガンになってしまうこともあるので、発症を予防することが重要になります。

2.【原因】なぜ起こる



ニコチン性口内炎の原因は、タバコです。

タバコに含まれるニコチンにより、血管が収縮してしまい血流が悪くなってしまいます。

喫煙により口の中で大量のニコチンを摂取することで、血流が減少して口内炎などが起きやすくなるのです。

口内炎以外にもニコチンにより免疫機能が障害され、歯石が形成されやすくなったり、歯周病の原因になることもあります。

3.【症状】どんな症状がある?



ニコチン性口内炎の症状としては、自覚症状がないことも多いです。

痛みを生じることが少なく、食べ物などがしみる程度の症状を自覚する人もいるでしょう。

見た目は口腔内の粘膜が白っぽくなります。

4.ニコチン性口内炎はガンのリスクが高い



ニコチン性口内炎は自覚症状が乏しく、ガンになるリスクが高い病気です。

口内炎だと放っておいたら、「ガンが進行していた」ということも珍しくありません。

口の中の一部が白くなっているなどの症状があれば、すぐに受診することが大切です。

5.禁煙が発症予防の一番の方法



ニコチン性口内炎はガンになるリスクが高いため、予防することが一番の方法になります。

発症を予防するためには、禁煙することが大切です。

もし発症した場合であっても、数週間の禁煙で症状が改善されることも期待できます。

急な禁煙は難しいと感じる人も多いと思いますので、禁煙外来で相談したり、喫煙本数を減らすなど、小さな心がけから始めましょう。

<まとめ>気になる症状があればすぐ相談しよう



今回は、タバコが原因で起こる「ニコチン性口内炎」についてお伝えしました。

喫煙は口内の免疫力を低下させたり、歯周病などの原因にもなります。

特に、痛みなどの自覚症状が乏しい口内炎は、ガンとして進行することもあるので注意が必要です。

口の中で気になる症状などがあれば、放置せず、すぐにかかりつけの歯医者で相談しましょう。





金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

親知らずを抜歯した後の穴は塞がる?

こんにちは。白根歯科クリニック院長の白根和明です。

親知らずを抜歯すると、抜歯後の穴がどうしても気になりますよね。

食事後はご飯が穴に詰まってしまったり、歯磨きがしにくかったり、日常生活に支障をきたすことがあります。

また、抜歯後は穴が開いた状態になるので、「このまま塞がるのかな?」などと不安になることも。

今回は、親知らずの抜歯後の穴について詳しく解説していきます!

1.親知らずを抜歯した後の穴は塞がる



11月21日納品③.png

親知らずを抜歯すると、抜歯後に穴が開いた状態になります。

抜歯後の穴は、時間はかかりますが、歯肉が盛り上がり完全に塞がるので空いたままにはなりません。

1-1.歯肉が盛り上がり穴は完全に塞がる


抜歯直後は傷口を塞ぐために糸で縫合した状態になっています。

抜歯して一週間ほどで抜糸しますが、傷口はまだ完全に塞がっていません

穴が空いた状態になっているので、歯医者でのクリーニングなどが必要になります。

1-2.1ヶ月ほどかかる場合もある


抜歯後の穴が完全に塞がった状態になるまでは、1ヶ月ほど時間がかかる場合もあります。

親知らずの大きさや傷口の広さなど、完治するまでには個人差があります。

すぐには治らないため不安になる方もいますが、穴が塞がり歯肉が盛り上がるまでには時間がかかることを覚えておきましょう。

2.抜歯後の穴に刺激を与えるのはNG



抜歯後は傷口が気になり舌などで触ってみたくなりますが、基本的に傷口に刺激を与えることはNGです。

抜糸直後は出血もあるので、止血のために圧迫をしたりしますが、必要以上に刺激を与えると感染のリスクが高くなってしまいます。

2-1.感染のリスクが高くなる



抜糸直後は傷口から歯槽骨と呼ばれる骨の組織が剥き出しになった状態になります。

その上に血の塊である血餅(けっぺい)が乗っている状態になりますが、血餅を無理やり取ってしまうと歯槽骨が感染しやすくなってしまいます。

血餅は傷口の治癒に合わせて消えていくため、無理に剥がそうとせず、そのままの状態にしておくことが大切です。


3.抜歯後の穴にご飯などが詰まったら?



抜歯後は穴が空いた状態になるので、そこにご飯などが詰まってしまうことがあります。

ご飯の詰まりなどが気になる方もいると思いますが、自分で無理に取ろうとしないことが重要です。

穴の中に入ったご飯などは自然に排出されるので、そのままの状態でも問題ありません。

どうしても気になる場合は、歯医者でクリーニングしてもらうことをオススメします。


<まとめ>気になる時は歯医者に相談しよう


親知らずの抜歯後は、痛みや出血で不安になる症状も多いと思います。

抜歯後、数日から数週間は穴が空いたままになるので、ご飯などがつまり気になってしまう方もいるでしょう。

無理に傷口を触らず、刺激を与えないことが重要になりますが、気になる症状などがある場合は歯医者に相談しましょう。



金沢市泉ヶ丘 歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市泉ヶ丘の「白根歯科クリニック」Blog Peopleへのリンク
金沢の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

骨隆起(こつりゅうき)とは?口の中のできものについて

こんにちは。金沢市の白根歯科クリニック院長の白根和明です。

口の中に固い膨らみのような”できもの"がある方もいるかもしれません。

骨隆起(こつりゅうき)とは、顎の骨にできる”できもの”のことです。

歯ぎしりなどが原因でできる事が多く、表面に触れると痛みを感じることもあります。

今回は、口の中にできる骨隆起とは(こつりゅうき)について詳しくお伝えします。

1.骨隆起(こつりゅうき)とは?



11月14日納品②.png

骨隆起とは(こつりゅうき)とは、顎の骨にできる”できもの"のことです。

骨隆起そのものは硬く、表面に触れると痛みを伴う事があります。

上顎や下顎の内側にでき、左右対象に見られる事が多いです。

骨隆起は骨の膨らみであり、表面の粘膜が薄いため、入れ歯が触れると痛みなどの原因になるため、切除することもあります。

また、発音がしにくくなったりなど、日常生活に支障が出ることも。

2.骨隆起(こつりゅうき)の原因



骨隆起は、歯ぎしりや食いしばりなど噛んだ時の力が顎の骨に加わる事で起こると言われています。

口の中にコブのようなふくらみがある方は、歯ぎしりなどのクセがあるかもしれません。

歯ぎしりなど顎の骨に力が加わることで、刺激となり骨が盛り上がってしまい、コブのようになります。
骨隆起は刺激を与えれば与えるほど、大きくなる事が特徴です。

普段の日常生活に支障がなければ無理に取り除く必要はありませんが、食事がしにくいなど支障がある場合は、切除することもあります。

3.骨隆起(こつりゅうき)の種類



骨隆起は上顎や下顎などに見られます。

下顎にできた骨隆起を、「下顎隆起」、上顎にできたものを「口蓋隆起」と専門的に表記します。

上顎の場合は、真ん中に膨らみができる事が特徴です。

4.治療方法はできる?



一度口の中にできた骨隆起は、放置していても自然に治ることはありません。

骨隆起を切除する場合は、局所麻酔など麻酔を使用して手術を行います。

骨を削ることになるので、手術後は腫れが生じる事があります。

入れ歯などにより骨隆起に擦れて痛みが生じる場合などは、手術によって切除する事が多いです。

<まとめ>口の中のトラブルは歯医者に相談しよう


今回は、口の中にできる骨の膨らみである骨隆起(こつりゅうき)についてご紹介しました。

骨隆起は歯ぎしりが原因で生じる事があるので、顎へのダメージを軽減する事が必要になります。

日常生活に支障がなければ、手術ではなくマウスピースなどで骨隆起の成長や発生を抑える事が可能です。

一度できた骨隆起は自然には治らないため、症状を緩和・軽減していく事が大切です。

硬いコブなど気になる症状がある方は、歯医者に相談されることをオススメします。


金沢にある歯医者白根歯科クリニックのFC2ブログランキング

金沢市で営む歯医者「白根歯科クリニック」ブログピープルへのリンク
石川県金沢市の歯医者「白根歯科クリニック」の公式ホームページです。
http://care4618.com

comments (0) | trackbacks (0) | posted by Kazuaki Shirone

back to top

phone hours menu

close